学部学科・大学院

外国語学部英米学科|教育設備・教育方法の特色

外国語学部 英米学科の教育課程、教育方法の特色

英米学科
英語の実践的な運用能力を高め、ゼミに向かって集中する段階的な教育システムを実現しています。

通訳、翻訳など進路をにらんだ実践的ゼミを3〜4年次に開講

「通訳ゼミ」、「翻訳ゼミ」、「メディア英語ゼミ」、「ビジネス英語ゼミ」、「異文化間コミュニケーションゼミ」など、卒業してすぐ役立つ実践的ゼミを3〜4年次に10講座開講しています。5名のNative Speakers of Englishのスタッフも、これらのゼミを担当しています。

Native Speakers of Englishによる授業

Native Speakers of Englishは、「Reading and Discussion」、「Advanced Reading and Discussion」、「英語スピーキング演習」、「英会話演習A・B」、「メディア英語」、「日英翻訳演習」、「基礎演習」などの演習を担当します。

3つの科目群から選んで専門知識の取得

3つの科目群から1つを選んで進路を意識した専門知識が取得できます。
・法経科目群(「国際貿易論」、「国際金融論」など)
・英米文学文学科目群(「アメリカの現代文学」、「アメリカの歴史と社会」など)
・中国ビジネス科目群(「中国文化論」、「中国経済論」など)

演習中心の画期的な運用能力養成課程

14名(Native Speakers of English5名を含む。)のスタッフが英語を読む、聞く、話す、書くための演習中心の教育課程を確立しています。クラスは少人数編成としながら、1人の教員が学年の学生全体を掌握して教育する責任体制をとります。

海外留学システムの充実

全学で合計55名が半年間海外留学できる新制度を構築しました。留年の心配なしに進級できる新システムを採用しています。(英米学科の場合、留学時の単位を20単位<留学受講科目18単位+異文化フィールドワーク2単位>まで卒業に必要な単位として認定します。)

取得できる免許・資格等

教職課程を履修することにより、中学校教諭一種及び高等学校教諭一種免許状(英語)を取得できます。



英米学科の教育課程・教育方法の特色
英米学科のカリキュラム
英米学科の教員紹介