学部学科・大学院

経済学部経済学科|教育設備・教育方法の特色

経済学部経済学科の教育課程、教育方法の特色

経済学科

充実したカリキュラム

[二本の柱]
経済理論と統計・情報処理を二本の柱として1年次に徹底的に習熟させ3、4年次で自力で経済分析できる能力を養います。統計・情報処理には、インターネットの利用法やWordやExcelなどといった基本的なパソコンソフトの習熟などが含まれています。

[二つの応用領域]
2年次以降は「現代経済学系」と「地域経済学系」に分かれた専門科目を学習していきます。「現代経済学系」では財政、金融などの基本的分野から環境、ファイナンスなどの現代的な問題まで幅広く取り扱います。また、「地域経済学系」では市立人学としての本学の特性を生かして、北九州市経済のみならず様々な地域経済に焦点を当てて学習していきます。

少人数教育による手厚い指導

新入生に対しては1年次に経済学への入門約数育をめざして入門演習が設けられ、同時に大学での学習・リサーチのあり方を指導する場として活用されています。2年次になると基礎演習が開講され、専門教育の入口において、経済学への興味がさらに増進されるように配慮しています。さらに3、4年次では専門教育の仕上げの場として演習・卒業研究が開かれ、個別指導に近い形で教育が施されることになります。

理論と実践の統合

伝統的な経済学教育はどちらかと言えば理論中心、総論的講義に偏りがちであり、理論の応用能力の育成に欠ける点がありました。経済学科ではこの点を是正し、現実の地域経済、国民経済、国際経済を的確に分析し、政策立案できるような能力の開発に力を往いでいます。そのため、産業界や行政のトップを講師とする講義やケーススタディを取り入れるとともに現実の統計データを駆使した講義なども盛んに行われています。

公務員志望なら経済学科

公務員試験で誰もがぶつかる壁が、経済系の科目です。「経済原論」「財政」といった科目は、イチから勉強しなければいけないのですが、経済学科ではそれを学部の授業として早くから、しっかり学ぶことができるのが大きなアドバンテージです。
さらに経済学科では、1年生の段階から公務員対策講座を実施しております。公務員を志望する方には、お得な学科といえるでしょう!

取得できる免許・資格等

経済学部では就職に役立ててもらうため、関連する資格取得を学部全体で支援しています。

●日商簿記検定
●ITパスポート、基本情報技術者
またその他の資格についてもゼミ単位で、あるいは個々人での取得を援助・奨励しています。