学部学科・大学院

経済学部経営情報学科|教員紹介

経済学部経営情報学科 教員紹介

(2017年5月1日現在)

教員名 研究内容 学位 学位授与大学
池田 欽一 コンピュータエージェントを用いた市場(電力オークション、株式、排出権取引)分析など、経済、経営分野でのシミュレーションを主とした分析をしています。 博士(経済学) 九州大学
梅澤 俊浩 会計情報と意思決定との関係を研究しています。研究でも講義でも、どのような情報があれば、より良い意思決定ができるのか、をテーマとしています。 商学修士 早稲田大学
浦野 恭平 企業の戦略策定の知識、例えば、新規事業創出戦略、多角化戦略、競争戦略の策定や実行について学びます。将来、企業での戦略策定に関わりたい方を求めます。 経営学修士 西南学院大学
久多里 桐子 コーポレート・ガバナンスに内包される企業の株主構成と、企業価値の関係について、財務情報などを用いて実証的に分析する研究を行っています。 修士(経営学)大阪市立大学
隈本 覚 情報科学が専門分野です。基礎理論に特に興味があります。プログラミング、コンピュータネットワークの講義をしています。 理学修士 九州大学
齋藤 朗宏 データの収集、分析、解釈を全般的に扱うデータ解析法を専門としています。データ解析を通して、物事をどう見るのかを学んで欲しいと考えています。 博士(文学) 早稲田大学
白石 和孝 ブランドや特許権などの無形の資産を評価し、貸借対照表という企業の財務報告書に載せることができるかどうかについて検討しています。 商学修士 慶應義塾大学
西澤 健次 会計学を専攻しています。企業の財政状態・成果(成績書)などをいかに書き表すか、いかに報告するかということを多角的に研究しています。 経営学修士・法学修士 東京経済大学・明治大学
平山 克己
オペレーションズリサーチ(OR)が専門分野です。ORは経営の科学と呼ばれています。企業で用いられる人・物・金のシステムについて学びます。 博士(工学) 鳥取大学
福井 直人 企業で働く人々が幸福に働けるようにするにはどうしたらよいか?このような問題意識のもと研究を続けています。 博士(経営学) 神戸大学
別府 俊行 売れる仕組みづくりを企画するマーケテイングを専攻しています。実践の場で役立つ技法や発想法などを学んでいきます。 修士(経済学) 成城大学
松本 守 コーポレート・ファイナンスとコーポレート・ガバナンスが専門です。企業経営に潜む複雑な因果関係を解きほぐしながら、真理に少しでも近づきたいと思っています。博士(経済学)九州大学
山下 剛人の統合」問題に関心を持っています。現在は、自己実現で著名なA.H.マズローの理論を再解釈し、その経営学に対する示唆を研究しています。 博士(経済学) 名古屋大学
吉田  祐治 現在のように先のことが不確実な時代に、経営モデルでどのようにして最適な戦略を立てるのかというのを数理的に計算します。とくに、確率や統計を用いてさまざまな観点から経営判断をしていくかを考えます。 理学博士 九州大学