学部学科・大学院

経済学部経営情報学科|教育設備・教育方法の特色

経済学部経営情報学科の教育課程、教育方法の特色

経営情報学科

総合的な専門基礎知識の徹底習得

1〜2年次に、経営学、情報科学、会計学に関わる各分野の専門基礎知識を、必修科目と選択科目で幅広く身に付けます。
文系学科で3分野の基礎がしっかり身に付くのが特徴です。

総合科目による実学教育

専門教育科目の総仕上げとして各分野ごとに総合科目を設定しています。
経営分野では、「地域企業分析」を設け、地域の実業界などから講師を招き、学科スタッフ、学生を交えて現実企業の戦略策定にかかわる諸問題をディスカッションし、問題解決型の能力を養っていきます。
情報システム分野では、「コンピュータシステム本体」の教育から「情報ネットワーク」への教育へと展開し、「システム設計」でシステム分析能力を身に付け、問題を実践的に解決する能力を身に付けます。
会計分野では「経営分析」を設け、現実の企業をケースに取り上げて、財務的・会計的に分析する実践型の教育を行っています。

各人の専門性の徹底

3年次以降は各人の関心分野や卒業後の進路に対応した高度な専門教育が実施されます。「経営学」、「会計学」、「情報科学」の3つの分野を柱とする幅広い選択科目を設定することにより、将来の就職を見据えた各人の専門性がいっそう活かせるシステムになっています。

企業の即戦力としての力をつける

ビジネスの知識は就職、そしてその後の社会生活に必要不可欠です。経済学部は学部の勉強でそれが身に付き、就職活動に臨むことができるのが大きなアドバンテージです。
特に経営情報学科では、実際の企業でも用いていたり、企業生活に直接役立つような、「経営学」、「会計学」、「情報科学」の知識が満載です。それは、卒業後に役立つのはもちろん、卒業後の進路を考えるにも有益です。早いうちにビジネスの基本を身に付ければ、人より先に「自分のシゴト」を考ることができるのです。
しっかり勉強すればするだけ、その後のビジネスキャリアを豊かに過ごすことができる、お得な学科といえるでしょう!

取得できる免許・資格等

経済学部では就職に役立ててもらうため、関連する資格取得を学部全体で支援しています。

●日商簿記検定
●ITパスポート、基本情報技術者
またその他の資格についてもゼミ単位で、あるいは個々人での取得を援助・奨励しています。