お知らせ

【広報スタッフ日記】大学ブランド酒第2弾「とよとよ」が発売になりました!

「とよとよ」とは、文学部竹川教授主宰の「九州フィールドワーク研究会」に所属する
法学部3年の本田 真悠(ほんだ まゆ)さんを中心に、学生達が自ら栽培した古代米を原料とし、
溝上酒造株式会社の協力のもと、仕込みにも学生が参加して作った日本酒です。

※九州フィールドワーク研究会とは
 1999年の発足以来、参加学生達とともに、石垣島のサンゴ礁保全に関する社会調査、
バヌアツ共和国での村落開発国際協力、北九州の観光拠点旦過市場「大學堂」の運営等の活動を行っています。

今回の発売に先立って、松尾学長と北橋市長へそれぞれ報告を行いました。
 
報告では、本田さんが、古代米や日本酒作りのきっかけやその思いなどについて熱く語りました。

<本田さんのコメント>
これまで狩猟採集ばかりしてきたので、農耕による定住革命が、どんなに大きな出来事だったのかが、身に染みてわかりました。

<竹川教授のコメント>
紅杯を めぐりてかたる こぞの夢

「とよとよ」は、5月15日(火)から下記の店舗で販売店されています。

【販売店】
■ひらしま酒店(北九州市八幡東区羽衣町22-10)
■はらぐち酒店(北九州市戸畑区中本町194) 
■尾池酒店(北九州市戸畑区千防1-5-5)
■みつばや酒店(北九州市若松区本町1-8-10)
■地酒処田村本店(北九州市門司区大里本町2-2-11)
■力丸酒店(北九州市小倉北区馬借2-2-6)
■井筒屋小倉店(北九州市小倉北区船場町1-1)
■井筒屋黒崎店(北九州市八幡西区黒崎1-1-1)
■井筒屋北九州空港店(北九州市小倉南区空港北町6番)
※売り切れの場合もございます。販売状況は個別にお問い合わせください。

<登録日>
2018年05月24日