お知らせ

JICA短期ボランティアの学生たちがグアテマラから帰国しました!【広報スタッフ日記】

北九州市立大学とJICA(独立行政法人国際協力機構)の連携事業

「グアテマラ共和国スポーツ・健康振興ボランティア連携」に参加した学生12名が、
短期ボランティアの活動を終え、松尾学長に帰国報告を行いました!



この事業は、中米にあるグアテマラ共和国からの要請に基づき、
本学の学生を、青年海外協力隊・短期ボランティアとして派遣し、
グアテマラ共和国におけるスポーツ(野球)の普及・振興を図るものです。

平成27年度から始まったこの事業も今回は第3期目、協定期間の最後の年次となりました。
学生たちは2月26日から3月25日までの約4週間、グアテマラ共和国内の4都市にて、
現地の青少年の健全育成を目的とする野球教室や、小学校訪問等のボランティアを行いました。

学生たちは、
現地の子どもたちとのふれあいや同国メジャーリーグ選手らとの親善試合を通じて、
言葉の壁を越えて青少年の健全育成に努めるとともに、
野球を純粋に楽しむことの大切さや、現地の人々が温かく迎えてくれたことへの感謝など、
この活動を通じて多くのことを学んだと、学長に報告していました。



来る6月28日(木)には、学内にて現地での活動を発表する報告会を行う予定です!

<登録日>
2018年05月07日