お知らせ

★★第4回ブランディング検討ワーキンググループ会議を開催しました〔ブランディングWG通信〕★★

 北九州市立大学では、大学の認知度向上のため、若手教職員で構成するブランディング検討ワーキンググループで、

『教職協働』による将来ビジョン・ブランディング戦略について検討を進めています。 


 5/12(月)に開催された第4回会議では、北九州市立大学を表すコピー案とロゴマークについて、意見交換を行いました。

今回はメンバー全員がコーヒーなどを手に車座になり、BGMも流すなど、リラックスした雰囲気の中、議論は進みました。


                    


                    


 ロゴマークには、大学の想いを込めたい。でも、他大学のマークと似通ったものにはしたくない。どうやってオリジナリ

ティーを出そうか・・・メンバーの想いは様々です。


 そして、コピー案についても、ロゴマークのデザイン案をもとに、前回とはまた違った角度からアイデアが出ていました。

その一例をご紹介します。


   ・熱くなれる大学

   ・未来の木をつくる

   ・小さな木がつくる未来へ

   ・地域に根ざして世界へ

   ・地域から世界へ

   ・地域と世界の未来を育てる


 前回のワーキングの中で、コピー案は出尽くしたか・・と思っていましたが、メンバーの発想力に脱帽です。メンバーの

一人が発言すると、そこから連想ゲームのように議論が発展していきました。


 さらに、今回のワーキングでは、学内外の関係者をいかに本学の認知度向上の動きに巻き込んでいくかについても

話し合われました。


 今後の展開も楽しみです!


<登録日>
2014年05月15日