MENU

研究活動

法学会

法学会とは?

 法学部には、「法律、政治を中心とする諸学の研究および発表」を目的に設立された『法学会』という組織があります。法学会の会員には正会員(法学部教員)、院生会員(法学研究科大学院生)、学生会員(法学部学生)、名誉会員(定年等で退職された先生)、準会員(他学部教員)が含まれています。現在、会員数は1000名を超えています。 法学会は、法学部教員で構成される理事会によって運営されています。学会長は法学部長が兼任しています。 法学会の運営は、会員が納めた会費をもとに行われています。正会員は、1年毎に年会費10000円を納めています。学生は、入学時に年会費(4年分)16000円を納めています。

法学会の事業

 法学会は、次のような事業を行っています。

1.機関紙『法政論集』の発行
2.研究会及び講演会の開催
3.その他、理事会において適当と認めた事業