MENU

学部・学科紹介

法学部の紹介

1. 法学部の歩み

 1984(昭和59)年4月に、教育・研究の高度化を目指して大学院法学研究科(修士課程)を設置し、1988(昭和63)年4月に、北九州地域の勤労青少年・中堅社会人・主婦・年長者等の多様な学習ニーズに高等教育の機会を提供するために第二部法律学科・政治学科を開設しました。その後、政治学科は行政学科へ、さらに現在の政策科学科へと改組・改称されました。その他、法学部は生涯教育の一環として、社会人にも大学の授業(講義・演習)を受講できるコミュニティ・コースを開設し、いわゆるリカレント教育に力を注いでいます。このコミュニティ・コースは受講生の生活事情に合わせて、教員との密接な関係を維持しつつ学習できることから、近年、次第に受講者が増加しており、受講生から「先生方も学生さんたちもとても親切で、色々教えてもらえて、北九大に来てよかった」と好評を得ています。

 2000(平成12)年4月から、第二部は全学的に解消されましたが、社会人に対応するため、昼でも夜でも受講できるように昼夜開講制が採られています。

 そして、2007(平成19)年4月、法学部は、全学的な学部学科再編・カリキュラム再編に合わせて、新しいカリキュラムをスタートさせました。新カリキュラムの内容の要点は、①社会人として必要な基盤教育を重視すること、②少人数教育の更なる拡充を図ること、③将来にわたるキャリア形成を意識して社会において実践性のある科目を創設すること、の3点にあります。我々は、法学部で学ぶ皆さんが「法」と「政策」という社会に密着した学問を学ぶことによって、情報を集め、これを分析し、自分の考えを確立していく過程で、考える力、問題を解決する力を身に付け、自分のためだけでなく社会に役立つ人材に成長していくことを願っています。

2. 法学部の特色

少人数教育の重視

 法学部の特色は、なんといっても「少人数」教育、「ZERO距離」教育です。少人数教育により教員と学生が密接にかかわり合い、お互いの信頼感・親近感を生みだすことによって、意欲ある学生は、何時でも、どんな質問でも教員にぶつけることができるという環境が整えられているということです。熱意ある、積極的に自分の目標に向かって努力することができる学生たちが、自分の能力を伸ばすために努力するのに対して、教員も熱意をもって真剣に協力・援助する、また、教員も自分にないものを学生から学ぶ、そういった関係のなかで視野を広げ、社会の変化に対応できる人材を育て、また育てられる。そういう法学部を目指しています。

カリキュラム編成上の特色

 法学部では、カリキュラム編成にあたり、幅広く一般教養を身につけることができるようにするとともに、法律・政策科学の専門教育科目を1年次から漸次受講できるようにしています。さらに、専門教育科目だけでなく、関連する経済学・経営学等の他の社会科学領域についても受講できるようにしています。なお、法学部では、中学校「社会」、高等学校「公民」の教員免許取得に必要な科目を履修することができます。

3. ZERO距離コンセプト

 法学のことを英語でLAWといいますが、L、A、Wそれぞれを頭文字とする“ことば”が北九大法学部の特徴を表しています。

Lively:活気あふれる

 研究・教育に熱心でユニークな先生がいっぱいです。学生は、授業で分からないところがあれば遠慮なく先生に質問します。先生も、学生が納得するまで根気よく説明します。マンモス大学にはないアットホームな雰囲気です。演習(ゼミ)をはじめとする少人数の授業で、この特徴はいかんなく発揮されます。

 学生と先生は膝を突き合わせ、納得いくまで議論を尽くします。この活気あふれる授業の原動力が、学生と先生との「距離」の近さなのです。学生と教員との活気ある議論がキャンパスにあふれる。…このZERO距離授業が法学部全体の特徴です。

Ardently:熱心に学ぶ

 法律学・政策科学などの社会科学では、応用的思考力を伸ばすために、「基礎・基本」をとても大切にしています。北九大法学部では、法律学・政策科学を体系的・効率的に学べるカリキュラムを用意しています。そして、熱心に学ぶ学生がこの応用力を身につけられるよう、基礎・基本に重点を置いた授業を展開しています。一生懸命に勉強する学生に対して、力を伸ばせる素材を提供し、理解できるまで徹底的に説き、議論するZERO距離指導が行われています。「打てば響く」授業。熱心に学ぶ学生を北九大法学部は全力でサポートしています。

Widely:多方面にわたる

 熱心に学んだその先に見えるもの…それは進路です。法学部で培った論理的思考力や実践的分析力は、現代社会の多くの場面で必要とされています。法学部では、小論文講座、法科大学院進学対策講座、判例研究会など、多方面にわたるサポートをしています。ここでも、活気あふれるZERO距離指導が行われ、熱心に学ぶ学生は、自分の将来を自分の手で切り拓くために、基礎・応用力の向上に全力を注いでいます。また、民間企業を考えている学生にも、充実したサポート体制を提供しています。熱心に学び、その成果を進路として実現する、そして、それを全力でサポートする、これも法学部の特徴といえます。

4. 法学部における勉強のしかた

 大学の授業形式は、「講義」と「演習(ゼミ)」に大別され、「講義」はそれぞれの学問領域の基礎的・一般的な知識を身に付け、将来、専門的な学習をするための問題意識を養成するものであり、「演習」は、討論を通じて講義で身に付けた基礎的・一般的知識を具体的に実践・応用して専門的知識を深めるものです。学習の基本は、「一読ニ聴三論四書」ですが、予習で「一読」、講義で「ニ聴」、演習で「三論」、復習で「四書」を行うことになります。これらはすべて大切ですが、大学ではとくに「三論」、「四書」の部分が重要です。議論に際し、自分の考えを分かりやすく論理的に説明できる力、それを文章にして書く力を養うことが大切です。演習では、積極的に自分の考えを述べ、周りを説得する力を身に付けましょう。

 法学部では、「少人数」教育の徹底を図っており、法律学科の演習には、1年次に必修の法学基礎演習、3・4年次に○○法専門演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳがあり、政策科学科の演習には、1年次に必修の政策入門演習Ⅰ・Ⅱ、2・3年次に演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、4年次に必修の卒業論文があります。このほか外国文献研究があります。大学の授業は学生の積極的な学習意欲に基づいていますから、意欲的に演習科目を受講することが必要です。そのために、法学部の演習は複数受講できるようにしています。

 大学での勉学は、学生本人の積極性、意欲にかかっています。高校までの授業と違って、授けられるものではなく、自分で目標を設定し、自分で勉学の仕方を見出し、自分が努力することが必要です。その過程で、分からないことがあったり、迷った時に教員が助言したり支援したりするのです。「少人数教育」、「ZERO距離」の最大のメリットはこの点にあります。「自主性」、「積極性」、「意欲」、「目的(目標)設定」を重視し、幅広い学習を心掛け、バランスのとれた考えができるように努力しましょう。自分の考えをもつこと、その理由を考えることが何より大切なのです。