法学研究科の教育目的は次のとおりです。

高度化・複雑化する地域社会における多様な法的・政策的課題に対応しうる高度な研究能力を備えた人材、専門的知識を持ちかつ適切な問題解決能力を備えた人材、地域貢献を目指す高度で知的素養のある社会人の養成



法学研究科は、複雑化した現代社会における多種多様な法的問題に対応する高度の研究教育機関としての役割を担っています。この目的のもとに、北九州都市圏および山口圏域における法学教育の中心となるべく、1984年に設置されました。
現代社会では学習者の目的も多様化し、社会人教育や生涯教育に対応することが求められています。また、複雑化した現代社会においては、実践的な法的知識や法的思考力、高度の問題解決能力をもつ人材が強く求められています。

定員  10名(1学年)

学位  修士(法学)

免許状 中学校教諭専修免許状(社会)

    高等学校教諭専修免許状(公民)

    *専修免許状は原則、一種免許状
     を有する方に限られます。

2013(平成25)年度からは、大学卒業後間もない学生と社会経験・知識の豊富な社会人学生との相互啓発を図りながら、多様な進路希望に応じた大学院教育をより充実・強化するために、従来のアドヴァンストコースと社会人コースを統合した「専修コース」と研究者養成を目的とする「研究者コース」の2つの履修コースを設けています。