MENU

受験生のみなさんへ北九州市立大学法学部へようこそ

北九大法学部の特色

特色1
「ZERO距離」教育

教員との距離が近い「ZERO距離」教育で、レベルの高い学びを可能にします。

入試案内

 北九州市立大学法学部は、公立大学に設置された法学部(法学部を設置している公立大学は、本学と大阪市立大学しかありません)として、教員と学生が間近に接する「ZERO距離」教育を実践しています。

 大人数の講義でも少人数のゼミでも、学生が教員に疑問や意見をぶつけ、教員もそれに対して誠実に対応する関係は変わりません。「ZERO距離」教育を通じて、大規模大学では見ることのできない、面倒見がよくレベルの高い学びを実現しています。

特色2
法律学科・政策科学科の併設

法律学と政策科学を一緒に学ぶことで、多角的に社会を理解する力が身につきます。

入試案内

 法律学と政策科学は、切っても切れない関係にあります。政治の現場で議論された政策が、やがて法律となり、行政や裁判で活かされていきます。そのフィードバックを基に、さらに新しい政策が議論され、法律が生まれます。法律と政策は、政治、行政、裁判など国家の重要な機能の中でお互いに関連しながら、作られ、活用されるのです。

 北九州市立大学法学部では、法律学と政策科学の重要な専門科目を、どちらの所属学生であっても受講することができます。法律の目と政策の目、2つの視点で多角的に社会を理解する力が身につきます。

特色3
伝統的基礎能力の重視

時代を超えて社会人に必要な、伝統的基礎能力を確実に身に付けます。

入試案内

 北九州市立大学法学部では、①法律や政治・政策の理論をきちんと理解し、論理的に思考した上で、読むに値する文章を書き、聞くに値する話をする力と、②知らないことを自ら積極的に調べ、勉強していく力を育む教育を重視しています。

 これは一見古臭く伝統的なやり方ですが、学生がどのような進路に進むにせよ、最も重要な基礎能力がなくてはならないのです。一時の流行や見せかけの新しさに流されず、時代を超えて学ぶべきものを学ぶ―これが「法学部」の魅力です。

特色4
学生サポートの充実

学生の多様なニーズに応えるため、常にサポートの充実を図っています。

 北九州市立大学法学部では、学生の学習意欲や希望進路に応じて、さまざまな課外講座を用意しています。法曹や公務員などを目指す学生が、教員の指導のもと、自己研鑚に励んでいます。

 課外講座の詳細については、こちらをご覧ください:充実した課外講座

 たとえば、公務員を目指す学生をバックアップするために、公務員試験に向けた効率的な学習方法などをレクチャーする「公務員研究室」や、公務員試験のテキストや過去問をパソコン・スマートフォンから利用できる「公務員試験学習ツール」を導入しています。

現代法曹論0

 2016年度よりスタートした新科目の「現代法曹論0」は、裁判所や行政機関、弁護士などの法律専門職や法科大学院などと連携して行う講義です。
 現場の第一線で働く実務家や法科大学院教員をお招きして話を聞くことで、法学部での学習が卒業後の進路選択や現実社会とどのように結びつくのか、その具体的イメージを持つことができます。
 法学部入学後すぐにこの講義を受けることで、「なりたい自分」のモデルを見つけ、進路を意識しながら法学を学ぶモチベーションを高めることができます。

講師陣:裁判所職員、弁護士、行政書士、国家公務員(税務署職員など)、地方公務員(県庁職員・市役所職員など)、警察官、法科大学院教員など

特色5
多彩な進路

公務員や企業をはじめ、多彩な進路があなたを待っています。

 1973年の設置以来、北九州市立大学法学部は、多様な人材を社会に輩出しています。法曹(裁判官・検察官・弁護士)や国会・地方議員、国家・地方公務員として、また世界・全国規模の大手企業や地域経済に貢献する中小企業で、先輩たちが活躍しています。
 平成29年度卒業生の就職率は、97.8%です。

 具体的な就職先については、両学科の特設ページをご覧ください。

法律学科はこんなところです

政策科学科はこんなところです

受験生の疑問に答えます!