MENU

入試情報

法学部 入試案内

北九州市立大学法学部の求める学生像

 本学法学部の目標は、わが国の社会や国際関係における様々な変革に対し、専門的知見を持って積極的に参画し、貢献しうる人材を育成することにあります。

 たとえば昨今、医療過誤における責任の所在やプライバシーを理由とする出版物の事前差止めの可否など、社会生活に対する法の影響が問題となるケースが議論の俎上に載せられることが少なくありません。このことは、近時のいわゆる司法制度改革と相俟って、今後は単に法を知るのみならず、生きる上での「武器」として活用することができる市民の誕生、そして同時に、法に関する知識を現実に対して機械的に当て嵌めるのではなく、期待される社会関係実現に向けて運用するための「法的思考力(リーガル・マインド)」を備える人間の出現が要請されているということでもあります。

入試案内

 また、今日の社会情勢に目を転じると、将来の行く末に関わる新たな問題に直面した我が国は、混迷の度を深めつつあるといえます。すなわち、一方で政局を巡って国内が激しく動揺し、他方、頻発する民族紛争等との関連において、他国との効率的な交渉や、平和的かつ有効な国際協力の方法が模索され、さらにNGO・NPOやボランティアの在り方が問われている現代においては、こうした問題を私たち一人一人が自分たちの、そして国全体の課題として捉え、解決を図ることが求められています。そうした中で、これからの我が国を担っていく人材は、社会の諸現象を単に批判するのみならず、問題解決のための建設的議論や、フィールドワーク等の実践的作業により、自ら政策を立案する能力を身につけるよう要求されることになります。

入試案内

 本学法学部は、こうした将来の社会にとって有為な学生を、「各人のニーズと自主的な選択に応じた多様な学習機会の提供」を通じて育てていきたいと考えています。法や政策に対して高い関心を持ち、法律専門職や各種公務員として活躍することを希望している方、あるいはまた、現在すでに携わっている職種や活動においてさらなる飛躍を目指している方を歓迎し、そしてともに学んでいきたい、それが本学法学部の願いなのです。

入試案内