公立大学法人 北九州市立大学 地域戦略研究所

本研究所について

沿革

 本研究所の前身は、1959年に設立された「北九州大学 北九州産業社会研究所」です。社会科学系の研究機関として、北九州地域の産業経済、社会福祉の分野で調査研究を積み重ね、地域社会の発展に貢献してきました。
 この北九州産業社会研究所が、2006年4月に「財団法人 北九州都市協会」の研究部門を統合して分野を広げ、新たに 「北九州市立大学 都市政策研究所」 として活動をはじめました。

 2015年、北九州市立大学は文部科学省の補助事業「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+事業)」の採択(事業名:「北九州・下関まなびとぴあ」を核とした地方創生モデルの構築)を受けました。この事業を着実に推進していくため、2015年11月20日を以って都市政策研究所から 「北九州市立大学 地域戦略研究所」 に改組しました。
 従来の調査研究部門とあわせ、教育・就職部門、事業化部門を置き、COC+事業の調整・実施機関として、北九州・下関地域の経済団体や自治体とも連携しながら、学生の地元定着促進をはじめとする調査研究、企画立案及び事業推進に取り組んでいます。


研究所の活動

 本研究所は、3部門で様々な活動に取り組んでいます。

■調査研究部門

(1)地域課題研究

 北九州地域の抱える様々な課題等について調査研究し、それに基づいた政策提言等を行うことによって地域貢献を行っています。
 扱う分野は、都市計画、産業・地域経済、福祉・地域づくりをベースに、消費者行政、イノベーション、ESD、自治制度、スポーツをいかしたまちづくりなど多分野にわたっています。

→ 「研究プロジェクト」ページへ

(2)関門地域共同研究

 下関市立大学附属地域共創センターと共に1994年から設置している「関門地域共同研究会」において、「関門活性化」を主テーマとして両大学が連携・協力して調査研究を行っています。

→ 「研究プロジェクト」ページへ

(3)受託研究

 北九州市をはじめとする地方公共団体、公的機関、民間企業等からの発注を受け、様々なテーマの調査研究を行っています。

→ 「受託研究」ページへ

(4)研究交流活動その他

 国内外の諸機関との研究交流事業や、各種研究報告会・シンポジウムの開催などに取り組んでいます。



■教育・就職部門

 COC+事業 (事業名:「北九州・下関まなびとぴあ」を核とした地方創生モデルの構築)に関する、人材の育成及び就職の促進に関すること等に取り組みます。

※ 地域戦略研究所の教員は、学部・学群、研究科の専任・兼任教員等としての教育活動にも取り組んでいます。


■事業化部門

 COC+事業 (事業名:「北九州・下関まなびとぴあ」を核とした地方創生モデルの構築)に関する、起業・事業化の促進に関することに取り組みます。


近年の主な研究テーマ一覧 (2013~2015年度)



研究所の概要をまとめたリーフレット(※都市政策研究所時代のもの)

 都市政策研究所(改組前) 2015年度版リーフレットはこちら(PDF)。

 ※参考  2014年度版リーフレットはこちら(PDF)。


PageTop