北九州市立大学文学部オリジナルサイト

Faculty of humanities

HOME >(比較文化学科) 比較文化学科について

比較文化学科について

今まで知らなかった日本文化・外国文化のあり方を知る楽しみと驚き、新しい視点を着実に身につけていく面白さ、文化に関する研究の成果を表現する充実感―比較文化学科には、皆さんの知的好奇心に応える学びがぎっしり詰っています。

1人ひとりの興味に応える柔軟なカリキュラム

文化理解と語学力向上を両立させる

比較文化学科

日本、欧米、アジアといった地域の文化を、文学、語学、歴史、美術、宗教、メディア、大衆文化といった様々な領域からアプローチする講義が数多く開講されています。それらの講義を実際に受けながら、入学後に自分の研究対象の地域・領域を決定することができるので、自分の知的好奇心にしたがって文化に関する研究が行えます。また、英語をはじめとするさまざまな外国語(ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語、中国語、朝鮮語)についても、学科独自の専門科目やネイティブ担当の授業などを積極的に履修することによって力を伸ばすことができます。比較文化学科は、文化に関する学生の多様な興味に応えられる柔軟性と多様性を誇っています。


多様性と専門性の両立

少人数教育の重視

比較文化学科

1年次に開講する「比較文化入門」では、少人数教育も採用しつつ、専門教育への導入を行います。したがって、1年次から専門性の高い科目をスムースに履修できます。興味がある地域・領域が決まったあとは、それに関連した講義を重点的に履修することにより、特定の文化に関する専門知識を重点的に習得することができます。また、3年次と4年次のゼミが必修となっており、少人数教育をとおして、専攻する地域・領域に関するより高度な知識と分析力を身につけることができます。さらに、ゼミの担当教員のきめ細かい指導の下になされる卒業論文の執筆をとおして、特定の文化に関する自分なりの独自の意見や解釈を提示できるまでになります。このように、多様性に富んだ科目群が開かれている一方、特定の文化領域や地域に関する、専門的知識や分析力も無理なく身につくカリキュラムとなっています。


グローバル化が進む社会に必要とされる社会人へ!

世界と日本をつなぐ人材になる

比較文化学科

日本の多くの企業が外国人を積極的に雇用し始め、また、日本企業の海外進出、外国企業の日本進出は増える一方にあります。このような形で、グローバル化が進展する現代社会においては、国際的な視野に立って物事を考え、判断する人材が求められています。日本、英語圏を始めとする、様々な国と地域に関する知識と分析力を身につけることができる比較文化学科はまさに現代社会のニーズに合っています。また、この学科で得たグローバルな知識を活用して、航空・観光業界などへ進む卒業生もいます。比較文化学科では、世界を視野に入れ、日本文化を海外に向けて発信できる、柔軟な思考力を持った真の国際人の養成を目指しています。


比較文化学科 学位授与方針/教育課程編成・実施方針/入学者受入れ方針PDF

pdf PDFページが開きます




このページのトップへ