学部学科・大学院

通信・メディア処理コース 概要

時代をリードし続ける最先端の知を追求します

 高度情報化社会では、多様化したマルチメディア情報を場所・時間・媒体を意識することなく扱える情報通信環境が要求されます。
 このような情報通信環境の中で、複雑化するシステムを最適かつ総合的にデザインすることにより、新たな工学的価値が創造されます

教育内容

 知的情報処理技術と情報ネットワークシステムが情報化社会を支える基盤です。コンピュータグラフィックスと信号処理技術の融合によるマルチメディア情報処理、人間工学的な視点を取り入れた高臨場感3次元音響・映像システム、制御、通信システムにおける適応信号処理、高度な情報通信ネットワーク技術とそれらを側面から支えるソフトウェア技術・セキュリティ技術などの教育と研究を通じて、情報システムとネットワークの基礎を身につけた発想力豊かな技術者、研究者を養成します。

  

  

カーエレクトロニクスインテンシブプログラム

 カーエレクトロニクスインテンシブプログラムは、希望に応じて修了条件を満たしながら受講できる「カー・エレクトロニクス設計開発中核的人材育成」のためのインテンシブプログラムです。
 自動車の電子化に伴い、ハードウェアとソフトウェア両方の知識を有し、総合的なシステム設計を実践的にできる人材の育成が渇望されています。当インテンシブプログラムでは、組込みシステム開発演習と車載向けLSI設計演習を中心としたソフトウェアとハードウェアの教育を行い、システム設計の知識を十分に習得した技術者を養成します。
 インテンシブプログラムの一部には、産学連携講座の科目が含まれていますので、実践的な技術の教育とハンズオンの演習が実施されます。

研究室の長期的な研究テーマ


メッセージ集

教員からのメッセージ

  • 教授 奥田 正浩
 情報工学専攻 通信メディア処理コースで取り扱う研究分野は、今なお発展を続けるコンピュータ、ネットワーク、電気工学分野の鍵となる信号処理工学、画像工学、音声工学、通信工学、情報セキュリティ、視覚情報処理、バイオメトリクス、コンピュータネットワークと多岐にわたり、数学を基礎とした理論と応用力を身につけることが可能です。

また、カーエレクトロニクスやロボットに関するインセンティブプログラムを始めとする魅力的なカリキュラムが用意されております。

各研究室では、その分野で活躍する担当教員のもとで、最先端技術の研究を行います。学生には積極的かつ主体的に物事に取り組み、自主的に問題を解決する能力が求められす。

このコースを修了する学生は、電気情報分野の最先端の企業でその分野を牽引するリーダーとして活躍します。

在校生からのメッセージ

  • 伊藤 友輔さん(博士後期課程1年)

 情報工学専攻 通信メディア処理コースの古閑研究室に所属している伊藤友輔です。現在、私はデータセンタネットワークにおいて公平なサービス品質を提供する技術に関する研究を行っています。
 私が大学院へ進学して良かったことは、研究活動を通して計画力や論理的思考力、プレゼンテーション力などの総合力を身に付けることができたことだと思います。実際に、研究を円滑に進めるために、常に進捗状況を管理した上で計画を考え、作業を進めるように心掛けてきました。
 もちろん、研究が上手く進まない時期もありましたが、そのときに考えたことや経験したことはその後の研究活動へ活かされていると思います。また、国内外の研究会では、自身の研究内容の重要性を他者へ正しく伝えることを念頭に置き、準備を行うよう心掛けてきました。これにより、総合力を養うことができたと思います。これらの力は、就職活動を行う上でも重要なものであり、短期的に身に付けることができるものではありません。
 そのため、個人が常日頃から意識しておく必要があります。そこで、大学院への進学を考えている方は、将来やりたいことは何か、それを実現するためには今何をやっておくべきかを一度考えてみると良いと思います。そうすることで、大学院へ進学した際に明確な目標を持った上で研究活動やその他の活動へ取り組むことができると思います。



通信・メディア処理コースのカリキュラム

通信・メディア処理コースの教員紹介