学部学科・大学院

環境資源システムコース 概要

「世界の環境首都」北九州市にある西日本最大級の環境資源分野 教育研究コース 

 現実の環境問題を自らの力で解決できるエンジニア、私たちの住む地域・国土のみならず国際社会の設計や経営を担うことができるエキスパート、環境関連の資格を持ち社会で必要とされるコンサルタント、先端的な研究によって環境と調和した社会を構築できるリサーチャー… 21世紀の社会基盤を支えていくこのような人材を育成する組織が環境資源システムコースです。

 本コースは日本最大級の環境研究の拠点でもあり、環境プロセス系(水・土壌・廃棄物・分析・生態等)と環境マネジメント系(政策・システム・経済・環境情報等)の二大分野が緊密に連携して、環境保全・改善や資源循環をはじめとする様々な環境問題をハードとソフトの両面から解決する教育研究を進めています。


  

  

教育と研究

 多くの発展途上国では、安全な水の確保、水環境、廃棄物の処理といった重要な生活基盤について改善すべき課題を抱えています。また、先進国においても、資源の著しい消費や社会構成の変化によって様々な形で新たな環境問題が顕在化してきました。一方、我が国―とりわけ北九州市―は、産・官・学、そして市民が協力し、深刻な環境問題を克服してきた誇るべき歴史があります。

 本コースは、これら我が国が培ってきた環境修復の技術とノウハウを知的に強化し、アジア諸国をはじめとする多様な社会で健全な発展が促されるようにすることを教育研究の柱としています。

a 環境修復・資源循環
環境汚染の修復・廃棄物の資源化・用水と排水の処理

b 環境社会システム
都市の環境政策・アジアの都市環境・GISによる環境情報システム

c 環境評価・計画
環境化学分析・水環境と生態のモニタリングならびに解析・地球環境汚染の評価

d 環境経営
環境経営戦略・企業や自治体の環境管理・製品とシステムのライフサイクルアセスメント


  

  

  


メッセージ集

教員からのメッセージ

  • 教授 二渡 了
 環境資源システムコースでは、国際的な環境課題や日本・北九州地域を含む世界各地域の環境問題に関する種々の教育研究を行っています。本コースの特色は、環境課題に工学技術的なアプローチで研究する環境プロセス系と社会科学的な解析方法や解決策を見出そうとする環境マネジメント系の2つの分野の教育研究を行っていることです。両分野の教員が連携して、高度で専門的な教育研究を行っています。

 大学院の授業では、専門分野の実践的な知識や技能・技法を習得し、自ら積極的に問題に対処する思考力や判断力、そして問題を解決する能力を身につけます。そのためには、日頃から何事にも関心を持ち、的確な情報を入手して整理し、論理的な考察を行うように心がける必要があります。

 本コースでは、世界各地からの留学生が多く学んでいます。中国、モンゴル、ベトナム、インドネシア、アフガニスタン等からの留学生が在籍し、国際色豊かな雰囲気があります。これらの国々の環境課題に関する研究を行い、日本人学生にとっても国際的な環境状況や問題解決のための方策を知る貴重な機会になっています。

 環境保全や資源循環などの問題解決、地域やアジア諸国をはじめとする発展途上国での持続可能な環境社会システムの構築のために国際的・学際的に活躍する高度専門職業人や研究者を目指す若者が集うことを願っています。

在校生からのメッセージ

  • 柳原 彩乃さん(博士前期課程2年)
 実を言うと、当初は勉強したいという積極的な気持ちで大学院進学を選択したわけではなく、大学1〜3年次は勉強で精一杯だったため、むしろ勉強は苦手でした。

 進路について悩んでいる時、自分の人生を決めるには4年生の1年間では時間が足りないと思いました。これから40年近く勤めることになる企業を1年で決断することは非常に難しく大きな覚悟が必要だと考えた結果、自分にとって大学院進学は勉強を深めるチャンスであり、また知識を深めたうえでいろんな視点から自分の人生を考えたいと思うようになり、前向きな気持ちで進学を決めました。今振り返ってみると、この時期はこれまでの勉強とは異なり自ら設定したテーマを研究するというおもしろさに引き込まれていったことが進学の一番の決め手だったかもしれません。

 私は、大学院に進学して、様々な人と関わることができたと改めて感じています。学会に参加したり、研究内容も大学以外の人と共同で行ったり、大学院に進学しないとできない貴重な経験を日々数多くしています。

 私は現在、岩手県大槌町についてトラベルコスト法という解析方法を使った研究をしています。研究で東北に行く機会があるのですが、ふと「あの時、就職していたらここに来ることもなかったのではないか」と思うことがあり、貴重な経験ができている環境に感謝しています。大学院での研究生活で「経験は人生において大きな財産である」と気付かされました。

 私のようにいろいろやってみたい、見てみたいと思う人は大学院に進学してみるという選択肢はおすすめですよ。

卒業生からのメッセージ

  • 株式会社フジコー 技術開発センター 張 文皓さん
 中国の大学を卒業した後、北九大の大学院に進学することを決めました。海外留学できたことは、私にとって非常に貴重な経験となりました。留学当初は、日本語の勉強が非常に大変でしたが、周囲の先生方や友人の協力で、熱心に日本語の勉強をした日々は、私の人生の中で絶対に忘れられない思い出です。

 私は、外の世界を自分の目で見たいと思い、中国から日本の大学へ進学することに決めました。大学を選ぶ場合と同様に、大学院進学を検討する場合にも、自分が興味を持っている研究内容、テーマを見つけ、希望に合致する専攻・コースを探すことをお勧めします。

 現在、株式会社フジコーで酸化チタン光触媒について研究をしています。ガスクロマトグラフを使って、空気洗浄機や酸化チタンタイルなどの商品のガス分解性能実験を行っています。将来、自分の研究開発した成果を世界に向けて展開したいと思っています。そのために、現在、日々努力して研究を進めています。


  • リンナイ株式会社 郎 朗さん
 4年間学部で国際関係を学び、我々の将来の生活を変えていけるのは、政治よりむしろ環境ではないかと思い、環境システムコースに入学しました。乙間先生の指導の下で、2年間研究活動をやってきました。

 私は、環境問題の基礎知識から、環境と現代社会の関係、企業の環境経営、LCAなど専門的な知識まで、多様な学問に接し、環境分野の広さを実感させられました。今振り返って思うと、この2年間は、私にとって非常に貴重な経験となっています。

 一つの課題において、どのように自分の考えを整理し、仮説を検証できるのか、この考える力は、大学院でしか学べない物だと思います。私は修士課程の研究課題で中国現地調査を経験し、実行力と貴重な調査経験を身に着けることが出来ました。

 今の私はガス機器メーカーであるリンナイ株式会社で環境マネジメントを担当しています。大学院で学んだ考える力や企業の環境経営などの知識が役に立っています。

 是非皆さんも環境システムコースで様々なことに関心を持ち、有意義な学生生活を送ってみませんか。


環境資源システムコースのカリキュラム

環境資源システムコースの教員紹介

環境資源システムコースの卒業後の進路

戦略的水・資源循環環境リーダー育成プログラム(SUW)のホームページはこちら