学部学科・大学院

機械システムコース 概要

 機械システムコースは、環境工学専攻の中の一つのコースで、環境負荷低減やエネルギーの有効利用、省エネルギーなどの環境技術に貢献でき、かつ機械工学に関する高度の専門的能力を有する人材の育成を目標として教育研究活動を展開しています。また、環境負荷の低減と経済発展の両立を“継続可能な開発(Sustainable Development)”と捉える視点及び地球規模で環境改善を深慮する視点を持つことのできる人材育成を目指します。物質の創製とリサイクル、国際環境、人間社会の環境情報を取り入れた環境負荷低減に向けた新しい概念と技術を追求します。加えて、材料・機械生産、建設等の分野において、環境、品質、安全性・信頼性を考慮した設計生産法、加工法、さらに同様の理念のもとに最適化された生産技術に関する研究・教育を行います。
 養成する人材像としては、ものを作るという分担をグローバル最適化の視点からとらえ、要素技術のみにこだわることのない、広い視野を持つ技術者が考えられます。様々な生産現場では、現在でも環境への対応を求められており、常に最新の情報・知識を学ぶことができ、社会人学生に対しても再教育の場を提供します。


教育と研究内容

博士前期課程(修士課程)

●2年間の前半は、国際関係や環境関係の共通科目と機械工学に関する専門科目などの講義やゼミを中心に教育を行います。これらの履修により、国際社会や環境問題に対して理解を深めるとともに、機械工学の諸分野に関する学識を高めます。
●博士前期課程の後半では、これらの知識を応用して実際の研究テーマに取り組みます。学生一人ひとりが指導教員の指導のもとに研究テーマを設定し、最新の設備や装置を使って研究を行い、修士論文を完成させます。
●このような課程を通して、環境と調和したエネルギーシステムの構築や、環境改善、低環境負荷などの観点から新しい機械技術開発などに貢献できる技術者を育成します。

博士後期課程

●博士前期課程を終了後さらに高度の学問を目指す学生は博士課程後期に進学し、博士の学位に挑戦します。
●博士後期課程の講義は専門のみで、修了者はそれぞれの個性と事情に応じて大学や企業、研究所などにおいて自立して研究開発などに従事できる能力を有します。



メッセージ集

教員からのメッセージ

  • コース長  清田 高徳
 機械工学は、多岐にわたる産業分野の中でも中核となる機械や機器を設計、開発、製造する重要な基盤工学です。機械システムコースでは、設計、加工、熱、流体、制御の分野の研究室を設置し、学部と同じ14名の専任教員が最先端の研究指導を通じた教育を行っています。3Dプリンタを使用する科目等も用意し、学部で修得した機械工学の基礎知識や技術をより高めるとともに、グローバルな視点を持って活躍できる機械技術者および研究者を養成することを教育の目的としています。
 希望する学生は、本学と九州工業大学、早稲田大学との連携大学院において、高度専門人材育成のために設置されたインテリジェントカー・ロボティクスコースの選択も可能です。本学大学院他専攻の科目も受講でき、機械工学に限らない幅広い学びの場を提供しています。
 修了後はその専門性を活かし、大手企業(自動車、運輸、重工業など)や地元北九州の企業(主に製造業)に就職しています。研究内容や就職先などの詳細は、ホームページをご参照下さい。
 このように本コースでは、あらゆる「ものづくり」を目指す学生諸君のために、機械工学の基礎、創造性、応用力だけでなく、環境問題に留意できる視点を身に付けるようなカリキュラムを提供します。向学心あふれる皆さんを待っています。


在校生からのメッセージ


  • 本田 尚輝さん(博士前期課程2年)
  
「知識や研究への欲求」が私の大学院進学の動機でした。実際に、講義とアルバイト中心だった学部生のころと比較して研究中心の日々を送っています。研究と一口に言っても担当する仕事量は膨大です。実験の計画・実施はもちろん、理論に基づいた設計・図面作成や周辺機器・計器類の能力計算・選定・発注、必要があれば解析技術を用いる。これらをコストや時間的な制約面、材料の加工性のよさ等を考慮しながら一人で行うことは難しいですが、先生や先輩、加工センターの方たち、時には業者の方からも指導を受けながら成長していきます。文献調査、論文執筆などの場面では語学力も要求され、日々の勉強は必須です。そういった意味で、私の進学動機は妥当だったと言えるでしょう。資格取得や語学力アップを目指してかけられる時間もあり、学問に本気で時間を割ける最後のチャンスです。

また、私の場合は「自分が本当にやりたいこと」について考える機会がたくさんありました。現在所属している研究室では熱や流体といった、一見目に見えず、その現象をイメージし難いものを扱っています。しかし、目に見えない現象だからこそ、それを解き明かし、追求して、科学技術に応用させていくことにやりがいや喜びを感じられるようになったのも進学してからでした。就職活動もこの気持ちを基軸に会社選びを行っています。

将来就職して職場で働く日々の中で、困難だと感じることが何度も出てくると思います。このときに「大学院でいかに苦労してそれを乗り越えてきたか」が心の支えの一つとなるはずです。大学院ではそのような体験を嫌と言うほどできます。それでも私の同期は、当時進学を迷っていた人も含めて全員が「院に進学してよかった」と心から思っています。2年間の院生活で、自らが望めば成長の止まる日はありません。




機械システムコースのカリキュラム

機械システムコースの教員紹介

学部生・大学院生の就職先(詳細)