学部学科・大学院

吉山 定見 / ヨシヤマ サダミ / Sadami Yoshiyama

所属 【学部】機械システム工学科
【大学院】環境工学専攻機械システムコース
役職/職名 教授
学位(授与機関) 博士(工学)(岡山大学)
担当科目 【学部】熱力学Ⅱ・同演習,燃焼工学,機械工学実験Ⅰ,機械工学インターンシップ,
機械工学基礎,コミュニケーション演習
【大学院】燃焼工学特論,熱動力システム特別講義
略歴 1988年 津山工業高等専門学校機械工学科助手
1991年 岡山大学工学部助手
1999年 岡山大学工学部講師
2002年 岡山大学大学院自然科学研究科講師
2009年 北九州市立大学国際環境工学部教授
専門分野 内燃機関,燃焼工学,熱工学

業績紹介

最近の主な論文,国際会議論文,主な外部資金

(1) Hewavitarane, D., Yoshiyama, S., The Fundamentals Governing the Operation and Efficiency of a Superheated Liquid Flash, Boiling (S.L.F.B) Cycle Powered Reciprocating Engine for Automotive Waste Heat Recovery, SAE Paper 2015-01-1966(JSAE 20159063), (2015).


(2) Hewavitarane, D., Yoshiyama, S., Wadahama, H., Li, X., The Development of a Superheated Liquid Flash, Boiling (S.L.F.B.) Engine for Waste Heat Recovery from Reciprocating Internal Combustion Engines, SAE Int. J. Engines, 7(4): October 2014,  pp. 1705-1721, (SAE Paper No. 2014-01-2592).  


(3) Gao, Z., Wu, X., Huang, Z., Yoshiyama, S., Tomita, E., Yamazaki, K., Higashi, T., The interdependency between the maximal pressure and ion current in a spark-ignition engine, International Journal of Engine Research, Vol. 14, No. 4, pp. 320-332, (2013).

 
(4) 吉山定見,冨田栄二,東 太郎,山崎一樹,岡崎義路,渡辺誠三,福村義之,楠原 功,イオンセンサによる量産ガソリンエンジンにおける燃焼状態の検出,自動車技術会論文集,Vol. 42, No.1, (2011),pp. 155 - 161.


(5) Yoshiyama, S., Detection of Combustion Quality in a Production SI Engine Using Ion Sensor,SAE Paper No. 2010-01-2255,(2010).

(6) Yoshiyama, S., Tomita, E., Mori, M., Sato, Y., Ion Current in a Homogeneous Charge Compression Ignition Engine, Review of Automotive Engineering, Vol. 29, No. 3, (2008), pp.299-305.

(7) Yoshiyama, S., Tomita, E., Mori, Sato, Y., Ion Current in a Homogeneous Charge Compression Ignition Engine, SAE Paper No. 2007-01-4052,(2007).

(8) 吉山定見,冨田栄二,田淵伸雄,松本健治,松木克則,ガスケット型イオンによる火花点火機関の燃焼診断(機関運転条件がイオン電流波形に及ぼす影響),自動車技術会論文集,Vol.38, No. 6, (2007), pp. 47-52.

(9) Tanaka, T., Narahara, K., Tabata, M., Yoshiyama, S., Tomita, E., Ion Current Measurement in Homogeneous Charge Compression Ignition Engine, International Journal of Engine Research, Vol. 6, (2005), pp. 453-463.

(10) Yoshiyama, S., Tomita, E., Kitawaki, S., Ion Current during Exhaust Process under the Idling Condition in a Spark Ignition Engine, SAE Paper, No. 2005-01-3873, (2005).

(11) 吉山定見,冨田栄二,今橋武,市村俊輔,2ストローク低速ディーゼル機関における燃焼過程の考察,日本マリンエンジニアリング学会誌,39巻9号,(2004), pp. 1092-1099.

(12) 西山淳,冨田栄二,河原伸幸,吉山定見,定容容器内燃料―空気混合気の燃焼に及ぼす旋回乱流場および層状燃料濃度場の影響(第2報,燃料濃度場および乱流場が燃焼特性に及ぼす影響),日本機械学会論文集B編,70巻692号,(2004),pp. 1092-1099.

(13) Imahashi, T., Tomita, E., Yoshiyama, S., Ichimura, S., Estimation of Combustion Process Based on Rate of Heat Release Curve in a Two-Stroke Slow-Speed Large Marine Diesel Engine, Proceedings of 24th CIMAC World Congress on Combustion Engine Technology, (2004), pp.1-16.

(14) Yoshiyama, S., Tomita, E., Tabuchi, N., Matsumoto, K., Matsuki, K., detection of Flame Propagation Pattern in a Spark Ignition Engine Using Gasket Ion Sensor, SAE Paper No. 2004-01-1919, (2004).


平成18, 19年度地域新生コンソーシアム研究開発事業(経済産業省)に採択,「イオンセンサを利用した高精度エンジン制御技術の開発」,研究代表者

平成27年度〜平成29年度 科学研究費助成事業 基盤研究(c)(一般)に採択,「自動車用排熱回収システムに用いるフラッシュ蒸気機関の最適化」,研究代表者

学会関係

平成24年度 日本機械学会九州支部福岡東地区 地区長

平成24年度〜 現在 自動車技術会九州支部常任理事 学自研担当


企業メッセージ

 現在,イオンセンサを用いた量産ガソリンエンジンの燃焼状態の検出法の研究開発を行っている.点火プラグやシリンダヘッドガスケットに燃焼センサとして役割を付与することにより,高精度の燃焼制御を実現できると考えている.また,次世代内燃機関として注目されている予混合圧縮着火機関への適用も検討している.
 
 また,レーザ計測などの光学的計測により,燃焼に影響を与える濃度場やガス流動場,火炎の挙動などを測定する基礎研究についても検討を行っている.

 2011年度から自動車用内燃機関の排熱回収システムについて研究を開始しました.

研究内容・所属研究室紹介

1.イオンセンサを用いた燃焼計測に関する研究

2.レーザによる燃焼計測に関する研究

3.自動車用内燃機関の排熱回収システムに関する研究

4.放電および火炎核形成に関する基礎的研究

研究室には,動力計システム,可視化エンジン,予混合バーナ装置,定積燃焼装置,高速度ビデオカメラなどを所有している.また,計測分析センターに配置された各種レーザ計測機器や最新の高速度ビデオカメラを利用可能である.

平成28年3月 Dhaminda Hewavitarane 氏に 博士(学術) の学位が授与されました.

リンク集

(公財)北九州産業学術推進機構(研究者情報)はこちら