学部学科・大学院

教員紹介

情報メディア工学科 教員紹介(平成28年4月1日現在) 50音順

教育研究分野(通信・メディア処理)

教員名 研究内容 備考
上原 聡
(Satoshi Uehara)
携帯電話やCD/DVDなど、ディジタル情報の通信や記憶で生じる誤りを検出/訂正するための手法について学習します。
奥田 正浩
(Masahiro Okuda)

奥行き情報を持つ3次元映像や高精細画像に関する研究を行っています。今までにない新しいコンテンツを創造するための基盤技術に取り組んでいます。
梶原 昭博
(Akihiro Kajiwara)

無線を用いた通信ネットワークやセンサー技術を教育研究しています。
アマチュア無線や通信技術に興味ある人を希望します。
京地 清介
(Seisuke Kyochi)
音声・画像・映像等のディジタル信号を、より効率良く処理(取得/解析/加工/伝送等)するための、基盤的なディジタル信号処理手法と応用に関して研究しています。
古閑 宏幸
(Hiroyuki Koga)

コンピュータネットワークの研究を行っています。特に、ユビキタス社会に向けたインターネット技術の理論から実践まで幅広く取り組みます。
佐藤 敬
(Takashi Satoh)

情報セキュリティ技術と次世代の情報通信ネットワークの構築技術について、数理工学の立場から研究しています。
佐藤 雅之
(Masayuki Sato)
専門は視覚の心理物理学です。人間の優れた視覚能力に興味をもち、人間がどのように物を見ているのかを明らかにするために実験を行っています。
孫 連明
(Lianming Sun)
システム解析・設計するために、システムの特性を表すシステムモデルを構築する技術を学んで、制御系設計と信号処理への応用を目指します。
松波 勲
(Isamu Matsunami)
安心安全なスマートコミュニティの実現と災害対策に寄与する知的センサーシステムの研究を行っており、センサーフュージョンによる自律カーロボのための高精度イメージング技術の開発などに取り組んでいます。
山崎 恭
(Yasushi Yamazaki)

音声、署名、顔、指紋といった人間の生体的な特徴に基づき本人確認を行うバイオメトリック認証技術に関する研究を行っています。
 

教育研究分野(コンピュータシステム)

教員名 研究内容 備考
高島 康裕
(Yasuhiro Takashima)

VLSIのレイアウトアルゴリズムについて、新しい概念の構築を目指して研究しています。意欲のある学生を希望します。
高橋 徹
(Toru Takahashi)

人間が持つ学習能力をロボットのようなシステムで実現することを研究しています。
講義では、システム制御の基礎から最近の知的な制御手法までを学びます。
中武 繁寿
(Shigetoshi Nakatake)

携帯電話などに搭載されるアナログとディジタルが混載した大規模集積回路に対して、組み合わせ最適化理論に基づく自動設計技術について研究しています。
堀口 和己
(Kazumi Horiguchi)

システム制御理論を研究しています。これは、安全で環境に優しい機械を作ったり、耐震建築物を設計したりするために使われる科学技術を支える理論です。
宮下 弘
(Hiroshi Miyashita)
VLSIの物理設計の自動化と関連する最適化手法を研究します。
問題をモデル化し、最適化問題として定式化し、その解法、アルゴリズムを研究します。
山崎 進
(Susumu Yamazaki)

プログラミングを教えています。「自ら学ぶ力を持たせる」「個性に合わせて長所を伸ばす」「現実社会の問題解決の経験を積ませる」教育を広めることがミッションです。創意工夫にあふれた社会にしたいです。

教育研究分野(人工知能)
教員名研究内容備考
永原 正章
(Masaaki Nagahara)
人工知能や自動制御の理論を研究するとともに、ロボットやドローン、自動車への応用に取り組んでいます。

教育研究分野(ロボット工学)
教員名研究内容備考
松田 鶴夫
(Tsuruo Matsuda)

生体(Human)と工学(Machine)を結ぶインターフェースや、QOL支援ロボット開発等に関わる研究を行っています。

情報メディア工学科概要

情報メディア工学科長メッセージ

情報メディア工学科のカリキュラム

情報メディア工学科の卒業後の進路