学部学科・大学院

佐藤 雅之/サトウ マサユキ/Masayuki Sato

所属 【学部】情報メディア工学科
【大学院】情報工学専攻通信・メディア処理コース
 
役職/職名 教授
学位(授与機関) 博士(工学) 東京工業大学
担当科目 情報メディア工学実験I(電気回路の基礎)
情報理論
画像工学
視覚情報処理(大学院)
略歴 1996年4月 カナダ・ヨーク大学視覚研究所研究員
1999年2月 米国・カリフォルニア大学バークレー校研究員
2001年4月 北九州市立大学情報メディア工学科助教授
2007年4月 現職
専門分野 視覚心理物理学

業績紹介

Shoji Sunaga, Masayuki Sato, Natsuko Arikado and Hiroshi Jomoto: A static geometrical illusion contributes largely to the footsteps illusion. Perception (in press). 

佐藤雅之・北崎加代子: 両眼網膜像差で定義された曲面における知覚された奥行きの反転.光学,37,292-301(2008).

Yasuaki Tamada, Masayuki Sato, Sachio Nakamizo, Michiaki Kondo and Masahiro Ishii: Apparent shape distortion in depth reversal induced by disparity or motion parallax. The Fifth Asia-Pacific Conference on Vision (2008). 

Naoko Teraue, Yasuaki Tamada and Masayuki Sato: The blanking effect in saccadic suppression of image displacement for the isoluminant target. The Fifth Asia-Pacific Conference on Vision (2008). 

Kohei Miura, Yasuaki Tamada, Masayuki Sato, Sachio Nakamizo and Michiaki Kondo: Integration of binocular disparity and motion parallax in simulating large depth. The Fifth Asia-Pacific Conference on Vision (2008).

受験生向けメッセージ

人間の視覚の不思議を探求しています!

企業メッセージ

人間の感覚や感性はこれからのものづくりに欠かせない要素であると考えます.

研究内容・所属研究室紹介

私どもの研究室では,主に心理物理学的な実験手法を使って,人間の視覚特性,特に,両眼視による空間認識や眼球運動時の視野安定機構に関する研究を行っています.

リンク集

(公財)北九州産業学術推進機構(研究者情報ページ)はこちら