学部学科・大学院

松波 勲/Isamu Matsunami

所属 【学部】国際環境工学部 情報メディア工学科
【大学院】
役職/職名 准教授
学位(授与機関) 博士(工学)北九州市立大学
担当科目 【学部】
入門ゼミ
企業と技術者
電磁気学
電子計測
センサ信号処理
情報メディア工学実験III
(情報伝送:北九州高専)
【大学院】
計測応用工学
計測応用工学特論
略歴 ・平成17年 3月 北九州市立大学国際環境工学部情報メディア工学科卒業
・平成17年 4月 同大学大学院国際環境工学研究科博士課程入学
・平成19年 3月 同大学大学院国際環境工学研究科博士前期課程修了
・平成20年 4月 日本学術振興会特別研究員DC2(平成22年3月まで)
・平成22年 3月 同大学大学院国際環境工学研究科博士後期課程修了
 博士(工学) 北九州市立大学
・平成22年 4月 長崎大学工学部電気電子工学科助教
・平成22年 4月 電子航法研究所客員研究員(平成25年3月まで)
・平成25年 4月〜現職
専門分野 計測工学、通信・ネットワーク工学

業績紹介

学術誌論文

1.I.Matsunami, R.Nakamura and A.Kajiwara, “RCS Measurements for Vehicles and Pedestrian at 26 and 79GHz,” IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E99-A, No.1 Jan. 2016.

2.松波勲,梶原昭博,中村遼兵,“UWB車載レーダによる複数移動目標追尾のための実験的検討” 信学会B,Vol.J96-B,No,pp.1662-1667,Dec.2012

3.岡本悠希,松波勲,梶原昭博, “車載用広帯域レーダにおける複数車両検知・識別技術に関する実験的検討” 信学会B,Vol.J95-B,No8,pp.976-979,Aug.2012.

4.松波勲,梶原昭博, “車載用超広帯域レーダにおける荷重パルス積分によるクラッタ抑圧” 信学会B,Vol.J94-B,No4,pp.655-659,April.2011.

5.中村遼兵,中畑洋一朗,太田恭平,松波勲,梶原昭博,“セダン車内における超広帯域無線伝搬特性‐乗客の影響と車外への漏洩‐,”信学論

B,Vol.J94-B,No2,pp.300-303,Feb.2011.

6.松波勲,梶原昭博,“レンジプロファイルマッチング法を用いた超広帯域車載レーダ,”信学会B,Vol.J93-B,No2,pp.351-358,Feb.2010.

7.松波勲,梶原昭博,“24GHz帯車両RCS特性の実験的検討,” 信学論B,Vol.J93-B,No2,pp.394-398,2010年2月.

8.東桂木謙治,中畑洋一朗,松波勲,梶原昭博,“超広帯域無線を用いた呼吸監視特性”,電学論C,Vol.129,No.6,pp.1056-1061,2009年6月.

9.松波勲,中畑洋一朗,尾野克志,梶原昭博,“24GHz帯UWBレーダによる路上クラッタ特性,”信学論B,Vol.J92-B,No1,pp.363-366,2009年1月.

10.松波勲,梶原昭博,“UWB-IR伝送におけるマルチパス干渉とRake合成,”信学論A,Vol.J90-A,No6,pp.597-604,2007年6月.

11.I.Matsunami, A.Kajiwara, “Rake Reception of UWB-IR Indoor Radio with Reflector,” IEICE Trans. Commun, Vol.E90-B, No.4, pp.952-959, April 2007.

12.寺阪圭司,東桂木謙治,松波勲,梶原昭博,”UWB-IRによる屋内侵入者検知に関する検討,” 信学論B,Vol.J90-B,No.1,pp.97-100,2007年1月.

13.片山祐輔,寺阪圭司,東桂木謙治,松波勲,梶原昭博,”超広帯域無線信号の車内伝搬特性に関する実験的検討,” 信学論B,Vol.J89-B,No.9,pp.1815-1819,2006年9月.

14.菅原光,松波勲,梶原昭博,”Rake受信を用いたUWB-IR通信の特性評価,” 信学論A,Vol.J89-A,No.3,pp.253-256,2006年3月.

国際会議論文(過去5年間)

1.I.Matsunami, R.Nakamura and A.Kajiwara, “Target State Estimation Using RCS Characteristics for 26GHz Short-Range Vehicular Radar,” Proc. of IEEE The 2013 International Conference on Radar, Sep.2013.

2.I.Matsunami, Y.Okamoto and A.Kajiwara, “RCS Measurement for Vehicles and Pedestrian at 26 and 79GHz,” Proc. of IEEE International Conference on Signal Processing and Communication Systems, Communication2012, Dec.2012.

3.I.Matsunami, Y.Okamoto and A.Kajiwara, “Multiple Target Detection and Classification Using Range Gated Weight Pulse Integration for UWB Automotive Radar,” Proc. of International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics 2011, Bali(Indonesia), Oct.2011.

4.Y.Yamaguch, Y.Kosuge and I.Matsunami, “Collision Avoidance nspp (n step predicted position) Filter for Aircraft,” Proc. of International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics 2011, Bali(Indonesia), Oct.2011.

5.M.Syahmi, Y.Kosuge and I.Matsunami, “Comparison of Aircraft Tracking Response between a Kalman Filter and A Linear Lease Squares Filter,” Proc. of International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics 2011, Bali(Indonesia), Oct.2011.

6.Y.Okamoto, I.Matsunami and A.Kajiwara, “Moving Vehicle Discrimination Using Hough Transform,” Proc. of IEEE Radio and Wireless Symposium, Phoenix(USA), Jan.2011.

7.I.Matsunami and A.Kajiwara, “Evaluation of Target Detection Performance for UWB Vehicle Radar at 24GHz,” Proc. of International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics 2010, Jeju(Korea), Oct.2010.

8.I.Matsunami and A.Kajiwara, “Clutter Suppression Scheme for Vehicle Radar,” Proc. of IEEE Radio and Wireless Symposium, TUP-25, pp.320-323, New Orlens(USA), Jan.2010.

9.K.Ono, K.Ota, I.Matsunami and A.Kajiwara, “Home Security Sensor Using 2.4GHz ISM Band,” Proc. of IEEE Radio and Wireless Symposium, MO1C-3, pp.9-12, New Orlens, Jan.2010.

10.K.Ota, K.Ono, I.Matsunami and A.Kajiwara, “Wireless Motion Sensor Using Ultra-wideband,” Proc. of IEEE Radio and Wireless Symposium, MO1C-4, pp.13-16, New Orlens, Jan.2010.

11.I.Matsunami, Y.Nakahata, K.Ono and A.Kajiwara, “Power delay profile matching for vehicle target recognition,” Proc. of IEEE Vehicular Technology Conference 2009 Fall, 5E-1, Anchorage(Alaska), Sep.2009.

12.I.Matsunami, Y.Nakahata, K.Ono and A.Kajiwara, “Ranging error of ultra-wideband vehicle radar,” Proc. of The 2008 International Symposium on Information Theory and its Applications, Auckland(New Zealand), W-TO-4-1, pp.1509-1513, Dec.2008.

13.K.Ono, Y.Noguchi, Y.Nakahata, I.Matsunami and A.Kajiwara, “UWB-IR-based Home Security Sensor with Directional Antenna,” Proc. of The 2008 International Symposium on Information Theory and its Applications, Auckland(New Zealand), T-TA-2-2, pp.950-954, Dec.2008.

14.I.Matsunami, Y.Nakahata, K.Ono, Y.Noguchi and A.Kajiwara, “Empirical Stydy on Ultra-wideband Vehicle Radar,” Proc. of IEEE Vehicular Technology Conference 2008 Fall, Calgary(Canada), 8G-5, Sep.2008.

15.Y.Nakahata, K.Ono, I.Matsunami and A.Kajiwara, “Performance evaluation of vehicular Ultra-wideband radio channels,” Proc. of IEEE Wireless Vehicular Communications 2008 Fall, PHY&MAC-3, Calgary(Canada), Sep.2008.

16.K.Higashikatsuragi, Y.Nakahata, I.Matsunami and A.Kajiwara, “Non-invasive respiration monitoring sensor using UWB-IR”, Proc. of IEEE International Conference on Ultra-Wideband 2008, Sensing and Medical Imaging, pp.101-104, Sep.2008.

全22編

研究助成

1.2015年4月〜2019年3月 日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究A、代表者、16,000千円 「自動運転のための全天候性型走行環境認識技術の研究開発 」

2.2015年4月〜2017年3月 電気通信普及財団 研究調査助成、代表者、3,000千円「ミリ波レーダによる全天候性型走行環境認識システムの基盤技術の構築と実証実験」

3.2014年10月〜2019年3月 内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)、「全天候性型白線識別技術の開発及び実証」

4.北九州市立大学 環境技術研究所 平成26年度 重点研究推進支援プロジェクト、代表者、5,000千円 「あらゆる環境・状況下でも安心安全を提供する高度運転支援システムの開発に向けた基礎研究」

5.北九州市立大学 環境技術研究所 平成26年度 萌芽・リサーチ的研究プロジェクト、代表者、750千円 「2周波MIMO-STAPレーダによる見通し外・遮蔽目標物検知に関する研究」

6.総務省 平成25年度 「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)」 ICTイノベーション創出型研究開発(フェーズ)、代表者、4,600千円 「動的周波数管理技術を内在した超高分解能レーダによるリアルタイム周辺監視システムの研究開発」

7.北九州市立大学 環境技術研究所 平成25年度 萌芽・リサーチ的研究プロジェクト、代表者、990千円 「災害状況をリアルタイムに監視する小型周辺監視電波センシングシステムの開発に関する基礎研究」

8.2011年4月〜2014年3月 日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究B、代表者、4,550千円 「マイクロ波/ミリ波を用いたUWB車載レーダのためのレーダシステムモデルの開発」

9.2011年7月〜2012年3月 長崎大学 大学高度化推進経費 公募プロジェクト、代表者、1,530千円 「マイクロ波/ミリ波を用いたUWB車載レーダのためのレーダシステムモデルの開発」

10.2008年4月〜2010年3月 日本学術振興会 科学研究費補助金 特別研究員奨励費、代表者、910千円


企業メッセージ

災害における復興・再生に貢献し,安心安全な社会実現にも資する研究

災害からの復興・再生において災害状況をリアルタイムかつ高精度に把握し、分析することは極めて重要な課題となります。そこで超距離高分解能レーダ・センサによるリアルタイム周辺監視技術の研究開発を行っており、リアルタイムハザードマップの作成や瓦礫下の生存者発見を目標としています。

・センサーフュージョンによる未来予測型センシングシステムに関する研究

複数のセンサ(電波レーダ、レーザレーダ、赤外線センサ、画像センサ等)からの情報を統合して単体のセンサでは実現不可能な認識機能を実現するセンサーフュージョンに関する研究を行っています。
現在は、このセンサーフュージョンをさらに発展させ、近い未来の現象を予測する未来予測型センシングシステムの開発を目標としています。

リンク集

公財)北九州産業学術推進機構(研究者情報ページ)はこちら