学部学科・大学院

卒業後の進路 (エネルギー循環化学科)

予想される未来のフィールド

 卒業生の多く(60%以上)は、大学院へ進学してより高度な研究開発能力やプレゼンテーション能力を身につけた後、化学・エネルギー・環境に関連する企業などに技術系総合職/専門職として就職し、化学技術や環境技術の分野で活躍しています。

 学部卒の場合は、県内の製造業やサービス業の事務系総合職/一般職に就くことが多いです。

化学・材料関係: 新材料・新製品・生産技術・環境修復技術の開発、品質管理
エネルギー・エンジニアリング関係: 新プロセスの開発、プラントの設計・メンテナンス
環境・計測関係: 環境分析、環境管理、分析装置開発、技術調査、コンサルティング
機械・電気・鉄鋼関係: エネルギーデバイス・電子機器・リサイクル技術の開発
研究関係: 大学・国立研究所・公的機関における研究開発

エネルギー循環化学科 進路

最新の進路状況

 就職決定率は、例年ほぼ100%を誇ります。


就職(大学院修了者を含む)

化学・材料関係

 石原ケミカル、宇部エクシモ、キャタラー、小倉合成工業、阪本薬品工業、住友精化、太陽石油、多摩化学工業、中国精油、東洋ゴム工業、東横化学、日本ペイント、富士石油、室町ケミカル、やずや、ユニチカ など

エネルギー・エンジニアリング関係

 山九、新興プランテック、高田工業所、日揮プラントイノベーション、日水コン、日鉄住金環境プラントソリューションズ、広島ガス、三島光産、神鋼環境ソリューション など

環境・計測関係

 化学物質評価研究機構、カネカテクノリサーチ、計測検査、東亜非破壊検査、西日本家電リサイクル など

機械・電気・鉄鋼関係

 アステック入江、京セラ、西日本メタル、日立パワーソリューションズ、古河電池、三井ハイテック など

その他

 アウトソーシングテクノロジー、テクノプロR&D など



大学院進学

北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科

 環境システム専攻 環境化学プロセスコース
 環境システム専攻 環境資源システムコース

その他

 九州大学大学院 総合理工学府、九州工業大学大学院 生命体工学研究科 など



取得できる資格など

取得資格

 毒物劇物取扱責任者

受験資格

危険物取扱

 甲種危険物取扱者
 甲種消防設備士 (特類を除く)
 衛生工学衛生管理者
 作業環境測定士 (要実務経験1年)
 廃棄物処理施設技術管理者 (要実務経験2年)

推奨資格

環境計量士

 公害防止管理者 (大気1種・水質1種)
 環境計量士(濃度関係)、 一般計量士
 高圧ガス製造保安責任者 (甲種化学)
 放射線取扱主任者、 エックス線作業主任者
 二級ボイラー技士、 エネルギー管理士
 技術士・技術士補



エネルギー循環化学科概要

エネルギー循環化学科長メッセージ

エネルギー循環化学科のカリキュラム

エネルギー循環化学科の教員紹介

エネルギー循環化学科の研究紹介

大学院 環境システム専攻の紹介