学部学科・大学院

李 丞祐/リ スン ウ/Seung-Woo Lee

所属 【学部】エネルギー循環化学科
【大学院】環境システム専攻環境化学プロセスコース
李 丞祐
役職/職名 教授
学位(授与機関) 工学博士(九州大学)
担当科目 有機化学I、有機化学実験、先端材料工学、卒業研究
先端材料システム・特論
略歴 1999年 九州大学大学院工学研究科修了。工学博士。
1999年 理化学研究所 フロンティア研究システム時空間機能材料研究グループ 博士研究員を経て、2000年4月より2007年3月まで同研究グループの客員研究員。
2000年 講師
2006年 准教授
専門分野 1.ナノ薄膜、有機・無機複合材料
2.分子認識、センサ・デバイスの高度化
3.疾病とにおい情報に関する研究

ナノ技術を利用した有機・無機複合材料の開発・機能化に関する研究を基盤に、最近ではこれまでの研究成果を利用して環境、安心・安全、医療分野への実用化試みています。

業績紹介

著書(外書)
1) S.-W. Lee, et al., Fabrication of sensitive fibre-optic gas sensors based on nano-assembled thin films, in: Optical Fibre, New Developments, IN-TECH, Vienna (2009), Chap. 1, pp. 1-16.

2) S.-W. Lee, et al., Molecular Imprinting by the Surface Sol-Gel Process-Templated Nanoporous Metal Oxide Thin Films for Molecular Recognition, in: Self-Organized Nanoscale Materials, edited by D. J. Lockwood and M. Adachi (Kluwer/Plenum series on Nanostructure Science and Technolgy), pp 186-220 (Chap. 5), 2006.

3) S.-W. Lee, et al., Nanofabrication by the Surface Sol-gel Process and Molecular Imprinting, in: Supramolecular Organization and Materials Design, edited by W. Jones and C. N. R. Rao (Cambridge University Press, Cambridge,), pp. 172–213 (Chap. 6), 2002.

最近の重要研究論文
S.-W. Lee, et al., Nano-assembled thin film gas sensors. IV. Mass-sensitive monitoring of humidity using quartz crystal microbalance (QCM) electrodes, Sensors and Actuaors B: Chemical, in press

S.-W. Lee, et al., ポリマーを鋳型とした酸化チタンナノ薄膜の多孔性評価:C60 フラーレンおよびシトクロムc の選択的吸着, 高分子(ISSN 0454-1138), in press. 

S.-W. Lee, et al., Purge and trap coupled to Curie point thermal desorption for the detection of parts per trillion 2,4,6-trichloroanisole (TCA) in water solutions, Chromatographia, 71(3-4), 317-321 (2010)

S.-W. Lee, et al., Nano-assembled thin film gas sensor. III. Sensitive detection of amine odors using TiO2/polyacrylic acid ultrathin film QCM sensors, Anal. Chem., 82(6), 2228-2236 (2010)

S.-W. Lee, et al., Matrix influence on the optical response of composite bacterirhodopsin films to ammonia, Sensors and Actuators B, 133, 281-290 (2008)

S.-W. Lee, et al., Landmine detection: Improved binding of 2,4-dinitrotoluene in a γ-CD/metal oxide matrix and its sensitive detection via a cyclic surface-polarization impedance (cSPI) method, Chem. Comm., 6, 2630-2632 (2007)

S.-W. Lee, et al., Fabrication of TiO2/g-CyD films for Nitro Aromatic Compounds and its Sensing Application via Cyclic Surface-Polarization Impedance (cSPI) Spectroscopy, Sens. Actuators B, 123, 359-367 (2007)

S.-W. Lee, et al., Design of highly efficient receptor sites by combination of cyclodextrin units and molecular cavity in TiO2 ultrathin layer, Bios. Bioelectron., 22, 388−392 (2006)

S.-W. Lee, et al., Fabrication of TiO2 and Cyt. c Alternate Ultrathin Films via a Gas-phase Surface Sol-Gel Process, Chem. Lett., 35, 990−991 (2006)

S.-W. Lee, et al., Anchoring of Cyclodextrin Units on TiO2 Thin Layer for Effective Detection of Nitro-aromatics: A Novel Electrochemical Approach for Landmine Detection, Chem. Lett. 35, 1340-1341 (2006)

S.-W. Lee, et al., Nano-assembled thin film gas sensors. I. Ammonia detection by a porphyrin-based multilayer film, J. Biolog. Phys. Chem., 6, 125-132 (2006)

S.-W. Lee, et al., Molecular Imprinting of Azobenzene Carboxylic Acid on a TiO2 Ultrathin Film by the Surface Sol-Gel Process, Langmuir, 14, 2857-2863 (1998).


特許(最近3件)
1) PCT/JP2009/056271:複合薄膜及びそれを備えた雰囲気センサ並びに光導波路センサ 
2)特願2009-257537:呼気分析の方法及び呼気分析装置
3)特願2010-19594:高感度雰囲気センサーの製造方法、高感度雰囲気センサーおよびそれを用いた物質の検知方法

研究プロジェクト

・文部科学省,知的クラスター創成事業(第II期),H19-23年度,MEMSセンサデバイスの高感度化とシステム化技術の研究開発(超高感度MEMS臭気センサデバイス・疾病診断システムの研究開発)
・JST,戦略的創造研究推進事業,H17-21年度,セキュリティ用途向け超高感度匂いセンサシステムの開発(爆薬および爆薬マーカーに対する鋳型分子認識膜の作製)
・韓国部品・素材産業振興院,素材源泉技術開発事業,H20-H23,One-Spot多重生体分子測定素材技術開発(Free-standingバイオナノ薄膜製造技術開発)
・北九州産業学術推進機構,海外連携プロジェクト助成等共同研究開発助成金,H21,VOC検知のための光センサ開発
・北九州産業学術推進機構,シーズ探索助成金,H21,自動車用高感度MEMS臭気センサの開発
・新日鉄,受託研究,H21,広域火災監視システムの開発

学会・学外活動

学会活動:日本化学会、高分子学会、日本分析化学会、電気化学会、日本味と匂学会、アメリカ化学会
学外活動:剣道(週末は近所の少年剣道クラブで子供達と稽古を楽しんでいます。)

受賞

・平成19年度消防防災機器の開発及び消防防災科学論文消防庁長官表彰(奨励賞)
研究課題:「匂いセンサ搭載火災検知ロボットの開発」 
研究期間:平成16〜18年度(3年間)

Webページ

(公財)北九州産業学術推進機構(研究者情報)はこちら
李研究室のホームページはこちら