学部学科・大学院

門上 希和夫/カドカミ キワオ/Kiwao Kadokami

所属 環境技術研究所
【学部】国際環境工学部 エネルギー循環化学科
【大学院】国際環境工学研究科 環境システム専攻 環境資源システムコース
門上希和夫
役職/職名 特命教授
学位(授与機関) 博士(水産学)(東京水産大学)
担当科目 【学部】環境分析化学,環境と科学,地球環境概論,環境計測入門,環境リスク学,エネルギー循環化学実習       
【大学院】生態系・環境保全基礎,環境化学物質計測学,環境化学特論
略歴 昭和49年3月:国立山口大学文理学部理学科化学専攻卒業
昭和49年4月〜昭和55年7月:北九州市公害対策局
昭和55年8月〜平成18年3月:北九州市環境科学研究所
昭和63年4月〜平成元年3月:九州大学理学部(研究生)
平成元年4月〜現在:産業医科大学訪問研究員
平成2年4月〜平成3年3月:東京水産大学(研究生)
平成3年10月:博士(東京水産大学,水産学) 
平成4年4月〜現在:国立環境研究所客員研究員
平成13年4月〜平成18年3月:九州工業大学大学院生命体工学研究科客員教授
平成18年4月〜現在:北九州市立大学国際環境工学部
専門分野 環境化学,環境分析化学,国際環境協力

業績紹介

【著書】
1. ガスクロマトグラフ質量分析計を用いた最新環境微量物質分析マニュアル,共著,公害対策技術同友会,1992.
2. 国際環境科学用語集,共著,日刊工業新聞社,1995.
3. 水和廃水監測分析方法指南(下冊),共著,中国環境科学出版社,1995.
4. 環境ホルモン(外因性内分泌撹乱化学物質問題に関する研究班中間報告),共著,環境新聞社,1997.
5. 日英中環境化学用語集,共著,中国環境科学出版社,1997.
6. 別冊化学「環境ホルモン&ダイオキシン」,共著,化学同人,1998.
7. 環境ホルモン汚染対策,共著,エヌ・ティー・エス,1999.
8. 環境ホルモンのモニタリング技術,共著,シーエムシー,1999.
9. 地球環境調査計測事典 第2巻 陸域編2,共著,フジテクノシステム,2003.
10. アプローチ環境ホルモン-その基礎と水環境における最前線-,共著,技報堂出版,2003.
11. 国際総合環境用語集,共著,日刊工業新聞社,2004.
12. 実験化学講座20-2巻,環境化学,共著,丸善,2007.

【学術論文】(査読付き,2005年以降)
・ Effect of estrogenic activity, and phytoestrogen and organochlorine pesticide contents in an experimental fish diet on reproduction and hepatic vitellogenin production in medaka (Oryzias latipes). M. Inudo, H. Ishibashi, N. Matsumura, M. Matsuoka, T. Mori, S. Taniyama, K. Kadokami, M. Koga, R. Shinohara, T. H. Hutchinson, T. Iguchi, K. Arizono, Comp. Med., 54, pp673-680, 2004.
38. Novel gas chromatography-mass spectrometry database for automatic identification and quantification of micropollutants, Kiwao Kadokami, Kyoko Tanada, Katsuyuki Taneda, Katsyhiro Nakagawa, J. Chromatogr A, 1089 pp219-226, 2005.
・ 環境試料中の1,2,5,6,9,10-ヘキサブロモシクロドデカンの分析,棚田京子,門上希和夫,環境化学,15,pp561-568, 2005.
・ 高性能型酸化チタンを用いた水道水中有機物の光分解,谷崎定二,橋本昭雄,松岡靖史,石川精一,花田喜文,門上希和夫,篠原亮太,環境化学,15,pp847-853,2005.
・ One-step isolation and identification of hydroxyamino-dinitrotoluene, unstable products from 2,4,6-trinitrotoluene metabolites, with thin-layer chromatography and laser time-of-flight mass spectrometry, T. Maeda, N. Nagafuchi, A. Kubota, K. Kadokami, H. I. Ogawa, J. Chromatogra. Sci., 44, pp96-100, 2006.
・ Characterization of 2,4,6-Trinitrotoluene (TNT)-Metabolizing, Bacteria Isolated from TNT-Polluted Soils in the Yamada Green Zone, Kitakyushu, Japan, Toshinari Yamada, Kwao Kadokami, Hiroaki I. Ogawa, J. Environ. Biotech., pp33-39, 2006.
・ Crucial problem in rapid spectrometric determination of 2,4,6-trinitrotoluene and its breakthrough method (Note), Toshinari Maeda, Akira Kubota, Nobuaki Nagafuchi, Kiwao Kadokami, Hiroaki I. Ogawa, J. Microbiol. Methods, 66, pp568-571, 2006
・ 浸出水循環式を適用した海面埋立廃棄物最終処分場の安定化促進モデル試験,清和成,内河裕美,Sang N. Nguyen,池道彦,藤田正憲,石垣智基,Blent Inanc,井上雄三,三井清志,前田信一,鈴木學,門上希和夫,肥塚隆男, 土木学会環境工学研究論文集, Vol43, pp319-325, 2006.
・ Relationship between mutagenicity and reactivity or biodegradability for nitroaromatic compounds, Toshinari Maeda, Kiwao Kadokami, Hiroaki I. Ogawa, Environ. Toxicol. Chem., 26, pp237-241, 2007.
・ Human intake of PCDDs, PCDFs, and dioxin like PCBs in Japan, 2001 and 2002. Yukie Mato, Noriyuki Suzuki , Noritaka Katatani , Kiwao Kadokami , Takeshi Nakano , Shinji Nakayama , Hideaki Sekii , Shigekazu Komoto , Satoru Miyake , Masatoshi Morita, Chemosphere, 67, ppS247-S255, 2007.
・ Identification of spontaneous conversion products of unstable 2,4,6-trinitrotoluene metabolites, hydroxyamino-dinitrotoluenes, by combination of thin-layer chromatography and laser time-flight mass spectrometry, Toshinari Maeda, Nobuaki Nagafuchi, Akira Kubota, Kiwao Kadokami, Hiroaki I. Ogawa, J. Chromatogra. Sci., 45, pp345-349, 2007.
・ Nationwide Study of Dioxins in the Freshwater Fish Carassius auratus (gibelio) langsdorfii (crucian carp) in Japan: Concentrations and Estimation of Source Contribution Ratios, Y. Kajiwara, N. Kashiwagi, K. Kadokami, Chemosphere, 69, pp1177-1187, 2007.
・ 河川水中の遺伝毒性物質モニタリングへの発光umu試験の適用性について,中島大介,景山志保,白石不二雄,鎌田亮,永洞真一郎,高橋悟,大金仁一,大谷仁己,堀内孝信,渡邊雅之,濱根貴志,山根一城,原口公子,陣矢大助,門上希和夫,後藤純雄,鑪迫典久,白石寛明,鈴木規之,環境化学,Vol. 17, pp.453-460, 2007.
・ TNT biodegradation and production of dihydroxyaminonitrotoluene by aerobic TNT degrader Pseudomonas sp-strain TM15 in an anoxic environment, Akira Kubota, Toshinari Maeda, Nobuaki Nagafuchi, Kiwao Kadokami, Hiroaki I. Ogawa, Biodegradation, 10.1007/s10532-008-9182-6, 2008. 

【特許】
1. クロマトグラフ/質量分析装置における汎用多成分一斉同定・定量方法,門上希和夫,棚田京子,陣矢大助,鈴木学,特許第3707010号,平成17年8月12日.
2. 尾川博昭,前田憲成,門上希和夫:新規細菌株及びその用途,平成15年2月24日,特許第3925716号,平成19年3月9日.
3. クロマトグラフ/質量分析装置における定量精度向上方法,門上希和夫,山上仰,中島晋也,特願2007-073220,平成19年3月20日.

受験生向けメッセージ

幾何級数的な人口増加と経済発展は,有限な地球に収まらなくなっており,温暖化だけでなく様々な影響が今後現れてきます。有害化学物質などによる環境汚染もその1つです。日本を含むアジアや世界を安全で安心な社会とするため,また野生生物にとっても安全な環境であるように『環境汚染防止のための調査研究や技術開発』を一緒にやりませんか!! 我々の研究室に整備された最新の高感度分析機器が,皆さんを待っています。

学部学生,大学院生,海外の留学生 全て大歓迎です!!

企業メッセージ

 民間企業の出身で,土木設計,原子力発電所建設,放射性廃棄物処分,エネルギー地下貯蔵,最終廃棄物処分場,土壌・地下水汚染,流域の水循環・水災害・水環境,コンクリートの耐久性などの経験や多くの特殊工事における課題解決などの実績があります.総合的視野から役に立つ技術開発を目指したい.また,地方企業に潜在的に眠っている技術を引き出し,実用技術に育てるアプローチも考えたい.土壌・地下水汚染関連のみならず,地圏環境技術に係る共同研究,ご相談などありましたら,共に考え,知恵を絞りたい.これまでの開発技術は,すでに市場展開中です.

研究内容・所属研究室紹介

現在の研究テーマ
1. 化学物質(1000種以上)の自動同定・定量システム(AIQS-DB)の開発
2. AIQS-DBを用いた各種環境媒体の包括分析手法の開発 
3. 日本に生息する淡水魚中の難分解性化学物質(POPs)汚染実態調査 
4. 閉鎖性海域における底質の化学物質汚染と底生生物への影響評価 

リンク集

環境資源システムコースHPはこちら
(公財)北九州産業学術推進機構(研究者情報ページ)はこちら