学部学科・大学院

安井 英斉/ヤスイ ヒデナリ/Hidenari Yasui

所属 【学部】エネルギー循環化学科
【大学院】環境システム専攻 環境資源システムコース
安井英斉教授
役職/職名 教授
学位(授与機関) 博士(工学)(東北大学)
担当科目 (学部)リサイクルシステム論、資源循環工学、物理化学実験等
(大学院)資源循環技術、資源循環技術特論
略歴 東北大学理学部生物学科卒業(1985年)
栗田工業株式会社(1985―2008年)
現職(2008年―)
専門分野 有機性廃棄物・排水等の処理技術開発ならびにコンピューティング
・活性汚泥処理プロセス
・メタン発酵プロセス
・栄養塩除去技術

業績紹介

論文等(過去3年間)
-Ngo, V. A., Vuong, T.H., Le, V.C., Terashima, T. and Yasui, H. (2014) High-rate Moving-bed Biofilm Anaerobic Digestion for the Waste Activated Sludge Treatment. Journal of Water and Environment Technology (in press)
-
Nguyen, M.H., Sakamoto, S., Van, L.V., Kim,H.S., Goel,R., Terashima,M., Yasui,H. (2014) A Modified Anaerobic Digestion Process with Chemical Sludge Pre-treatment and its Modelling. Wat.Sci.Tech. Vol.69, No.11, pp.2350-2356.
-So, M., Naka, D., Goel, Terashima, M., Yasui, H. (2014) Modelling Clogging and Biofilm Detachment in Sponge Carrier Media. Wat.Sci.Tech. Vol.69, No.6, pp.1298-1303.
-劉兵, ラジブ ゴエル, 寺嶋光春, 安井英斉 (2013) 亜硝酸酸化細菌の反応を例とした可逆的および不可逆的阻害現象の理論的考察. 土木学会論文集G(環境), Vol.69, No.7, III_303-III_310
-Usmanov, S., Terashima,M., Mitan, Y., Yasui, H., Kusuda, T. (2013) Estimation of Evapotranspiration in Arid and Semiarid Environments using Minimum Climate Dataset. Proc. of 5th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, 8-12/September/2013, Daejeong, Korea, 10G2-5 (in CD-ROM).
-Naka, D., Terashima, M., Goel, R., Yasui, H.  (2013) Anaerobic Digestion of Halophyte Biomass for Salinized Soil Cleaning. Proc. of 5th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, 8-12/September/2013, Daejeong, Korea, 10F2-2 (in CD-ROM).
-Nguyen M.H., Sakamoto, S., Kim, H.S., Goe, R., Terashima, M., Yasui, H. (2013) Improvement of Biogas Conversion Efficiency based on a Modification of the Anaerobic Digestion Process. Proc. of 5th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, 8-12/September/2013, Daejeong, Korea, 10B4-5 (in CD-ROM).
-Tsunoda, K., Yoshinaga, K., Terashima, M., Goel, R., Yasui, H.  (2013) A Kinetic Model for Anaerobic biodegradation of tetramethylammonium hydroxide (TMAH). Proc. of 5th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, 8-12/September/2013, Daejeong, Korea, 11E1-5 (in CD-ROM).
-So, M., Naka, D., Goel, Terashima, M., Yasui, H. (2013) Modelling biofilm formation in sponge carrier media. Proc. of 5th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, 8-12/September/2013, Daejeong, Korea, 09F3-2  (in CD-ROM). (oral presentation, published through WST)
-Liu, B., Naka, D., Javis, I., Goel, R. and Yasui, H. (2013) A Benchmark Simulation to Verify an Inhibition Model on Decay Stage for Nitrification. Wat.Sci.Tech. Vol.68, No.6, pp.1242-1250.
-Terashima, M., Iwasaki, M., Yasui, H., Goel, R., Suto, K. and Inoue, C. (2013) Tracer Experiment and RTD Analysis of DAF Separator with Bar-Type Baffles. Wat.Sci.Tech. Vol.63 , No.5, pp.942-947.
-寺嶋光春, 安井英斉, 須藤孝一, 井上千弘, 野池達也 (2012) 沈殿槽の原水温度上昇による固形物の流出率増大と対流抑制板の効果. 土木学会論文集G(環境), Vol.68, No.7, III_387-III_394
-小林拓朗, 金澤拓大, 安井英斉, 李玉友 (2012) 余剰活性汚泥の好気性および嫌気性条件における自己分解特性の比較. 下水道協会誌論文集, Vol.49, No.600, pp.107-114.
-Liu, B., Naka, D., Javis, I., Goel, R. and Yasui, H. (2012) A Benchmark Simulation to Verify an Inhibition Model on Decay Stage for Nitrification. Proc. of IWA Nutrient Removal and recovery 2012, 23-25/September/2012, Harbin, China, pp.95-97, 14-17-2 (in CD-ROM). (oral presentation, published through WST)
-Akinshna, N., Naka, D., Toderich, K., Azizov, A. and Yasui, H. (2012) Anaerobic Degradation of Halophyte Biomass for Biogas Production. Journal of Arid Land Studies, Vol.22-1, 227-230.
-寺嶋光春, 安井英斉, 須藤孝一, 井上千弘 (2012) 大型円形加圧浮上装置におけるバッフル設置による水深の低減効果. EICA, Vol.17, No.2/3, pp.73-80.
-Liu, B., Naka, D., Javis, I., Goel, R. and Yasui, H. (2012) A Kinetic Expression for the Growth and Decay of Nitrite Oxidising Bacteria. Japanese Journal of  Water Treatment Biology, vol.48, No.3, pp.89-98.
-Naka, D., Goel, R. and Yasui, H. (2012) Thermodynamic Prediction Model for Inorganic Composition of Anaerobically Digested Sludge. Japanese Journal of  Water Treatment Biology, vol.48, No.3, pp.81-88.
-Nguyen, V.A., Duong, T.H., Thai, M.H., Nguyen, P.T., Zeig, C., Wagner, M. and Yasui, H. (2012) Anaerobic Co-Digestion of Organic Waste and Septic Tank Sludge at Thermophilic Condition (55ºC). Journal of Science and Technology, VAST, Vol.50, No.1C, pp.9-17.
-So, M., Naka, D, Goel, R. and Yasui, H. (2012) Model Development of a Sponge Carrier Process using CFD-DEM with Permeable Particles. Journal of Water and Environment Technology, Vol.10, No.2, pp.193-204.
-寺嶋光春, 安井英斉, 高橋弘 (2012) 流動床式生物膜排水処理装置の担体の限界掃流流速と堆積. 日本水処理生物学会誌, Vol.48, No.2, p.45-53.
-Nguyen Phuong Thao, Nguyen Viet Anh and Hidenari Yasui (2012) Simulation of anaerobic digestion process of municipal sludge using GPX-S software. Magazine of Vietnam Water Supply and Sewerage Association (VWSA), June/2012, pp.30-36. (in Vietnamese)

著書/訳書等
-Environmental Anaerobic Technology, Applications and New Developments (2010), Imperial College Press, Edit. Herbert H P Fang(分担執筆)
-メタン発酵 (2009), 技報堂出版, 編集幹事: 野池達也・佐藤和明・安井英斉・李玉友
-顕微鏡観察による活性汚泥のプロセス管理 (2006), 技報堂出版, 共訳: 安井英斉・深瀬哲朗・河野哲郎
-オゾンハンドブック (2004), 日本オゾン協会, (分担執筆)
-環境工学公式・モデル・数値集 (2004), 土木学会(分担執筆)
-活性汚泥のバルキングと生物発泡の制御 (2000), 技報堂出版, 共訳: 河野哲郎・柴田雅秀・深瀬哲朗・安井英斉


表彰:
2009年 論文賞(土木学会 環境工学委員会)
2008年 論文奨励賞(日本下水道協会)
2006年 論文賞(土木学会 環境工学委員会)
2000年 技術賞(日本オゾン協会)
2000年 通商産業大臣賞(日本産業機械工業会,栗田工業株式会社宛)
2000年 岩井賞(環境技術研究協会)
1997年 論文奨励賞(土木学会 環境工学委員会)
1995年 新技術・プロジェクト賞(土木学会 環境工学委員会)


登録特許(-2006): 27件

資格: 上席化学工学技士(化学工学会)

受験生向けメッセージ

排水・汚泥処理の過程から永続的に発生する廃棄物は、枯渇が懸念される化石燃料と異なり、資源の宝庫です。この積極的な利用検討は、環境工学に携わる私たちの最も大切な役割のひとつです。環境工学は微生物学・数学・化学・化学工学等の学問分野が重層的に関わる分野であり、各分野の視点で解析した事象を再度統合的に把握しようとする姿勢が真理に近づくために何より大切です。
排水・汚泥や廃棄物の処理は、20世紀初頭に始まる比較的歴史の若い技術分野ですが、これにも関わらず、社会が要請する内容は時代とともに、衛生環境の改善や水域の汚染低減から資源の循環・利活用へ急激に変化しております。この変化に対応し、それぞれの課題に的確に応えることが環境工学の使命です。そして、この時代の変化に対応しようとする姿勢が独創性を育む源泉でもあります。
北九州市立大学 国際環境工学部は、環境工学の教育研究を通して諸国の平和と人々の幸福を実現するために設立されました。皆さんとともに汚濁物質の最小化と資源化に取り組んで参りたいと存じます。

・戦略的水・資源環境リーダー育成拠点のHPはこちら

企業メッセージ

理想の追求と実用を兼ね備えた環境システムの実現を図ります。また、エンジニアの視点でプロセスの合理化と知的財産の確保を第一に考え、企業の事業活動に資することができます。

研究内容・所属研究室紹介

持続可能な社会を創るには,私たちの生活から排出される廃棄物を資源に変えて活用していくことが何より大切です。私の研究室では,限りない微生物の力を利用して廃棄物を資源化する先端的な生物処理プロセスや,アジアをはじめとする国々の環境保全に資するシステムの開発をおこないます。

・資源循環技術研究室のホームページはこちら

リンク集

・(公財)北九州産業学術推進機構(研究者ページ)はこちら

連絡先

808-0135
福岡県北九州市若松区ひびきの1-1北九州市立大学国際環境工学部N205号室
Tel: 093-695-3736
fax: 093-695-3784
E-mail: hidenari-yasui@kitakyu-u.ac.jp