学部学科・大学院

建築デザイン学科 概要

環境共生をキーワードに、21世紀のより良い建築・まちづくりを学ぶ

 我々が暮らしを営む都市や建築物は、これまでのフロー・大量廃棄型からストック・資源循環型に変わる必要があります。
 さらに、低環境負荷を前提とした技術を学ぶことで、安全で信頼できる快適な空間であり、新発想や創造を生む器として、
美しい
建築・都市空間をデザインする能力を身につけます。

                   

 
  

教育課程・教育方法の特色

生態系に調和する建築・都市空間の創造

 建築デザイン学科は、省資源・低環境負荷のための建築・地域システムを創造するため、従来の建築学の領域を拡大し、建築・地域システムと環境を主軸として新しい時代に対応させた学科です。
 資源・エネルギーやエコロジーに関わる研究分野と実践領域を統合し、望ましい人間環境を創りだすことを追求します。また、生活環境を構成する環境要素を的確に把握分析し、人間の生活活動を見直していくなど、環境に関する諸問題を解決するために、建築学を基礎にして教育・研究する学科です。

環境に配慮した空間や生活をデザインする教育・研究領域

空間構成材料・製品の特質の把握と、その耐久性や保全のための技術、耐震技術やその基礎となる構造力学、構造物を創り上げる際の環境調和型の建築工法、施工管理(構造・施工講座)
新しい低炭素建築材料の開発、資源採取・生産から供用を経て・廃棄物処理に至るまでの建築物のライフサイクル設計、建築材料の再生・改質技術および性能評価(材料デザイン講座)
省エネ且つ健康・快適な居住空間を実現する建築設備の設計・運用技術、太陽光や地中熱などの自然エネルギー利用技術、地域のエネルギーシステムの最適化、ヒートアイランドなどの都市環境の評価(建築環境エネルギー講座)
省エネルギーや資源の有効利用に寄与する美しく快適な空間デザイン、コンパクトで効率の良い都市や歴史や文化が育まれる都市、ランドスケープデザイン(空間デザイン講座)

   

         学生が自らデザイン茶室を建設                        保育園の設計 

  

    数値シミュレーションによる人体生理量の予測       放射空調システム※ ※ http://www.i-central.co.jp/

  

                    大型試験機を使用した構造実験(左:木構造,右:鋼構造)


  

           建築材料の物性把握試験                   天然乾燥されたスギの顕微鏡写真


人間力を育む〜特色ある教育システムとキャリアデザイン〜

●コミュニケーション力〜国際的に通用する技術者教育〜
 人と人とのつながりを大事にする教育環境の中でコミュニケーション重視の教育を行い、環境問題を踏まえた建築技術を通して国際的に活躍できる人材を育成します。純粋な工学系技術だけでなく、環境マネジメント、経営、経済等、人文・社会科学的教養も身につけます。また、少人数編成の英会話・テクニカルライテイング等により実践的な英語運用能力を習得します。

●対自己能力〜体感する学生生活〜
 「環境問題事例研究」(1年生)では、身近な環境テーマからチーム独自で問題の核心を抽出し、自主的に調査研究を進めます。これにより、自分で環境問題に対する解決策を考えるとともに、共同作業・ディスカッション・報告書作成・プレゼンテーションなど調査研究の一連の流れを体験します。「見学・ワークショップ演習」(2年生・3年生では建設現場などの見学を通じて観察力と研究能力を養うとともに、一つ一つの見学に対して課せられたテーマにグループで取り組み、グループ発表を通じてディスカッションやプレゼンテーション技術を体得します。

●問題解決能力〜創造力を養う技術者教育〜
 環境に関する専門的な知識とともに基礎学力の習得ばかりでない広い視野と創造的な実践問題解決能力を持った人材を育成します。自ら問題を発見し、様々な情報を一つの知識へと体系化する設計型教育科目を各年次に適切に配置しています。また、設計支援ツールを活用したシミュレーション技術、設備設計などコンピュータ活用技術も習得し、CAD活用による多彩な建築表現方法を身につけます。さらに、多種多様な実験・演習系授業も適切に取り入れており、各種計測・解析技術を習得した上で実現像と照らし合わすことで、学習した内容をより深く理解します。4年次には大学生活の集大成として卒業研究・卒業設計に取り組みます。


   

        自分のデザインを発表する学生                      2年生課題 集合住宅


           

            校舎棟を活用した環境・エネルギー教育の実践
             (左:校舎棟に導入された各種環境配慮技術、右:ライトシェルフ、太陽電池)


  

                      建築構造・保全技術を体感的に学ぶ教育の実施
               (左:乾麺を用いた構造模型の製作、右:外壁タイル仕上げの剥離診断)


  

      現場見学(北方キャンパス新図書館工事)                   木材梁の強度コンテスト


建築デザイン学科長メッセージ

建築デザイン学科のカリキュラム

建築デザイン学科の教員紹介

建築デザイン学科の卒業後の進路