学部学科・大学院

城戸 將江/キド マサエ/Masae Kido

所属 【学部】建築デザイン学科
【大学院】環境工学専攻建築デザインコース

 

役職/職名 准教授
学位(授与機関) 博士(工学)北九州市立大学
担当科目 学部
構造力学Iと演習
コンクリート系構造の設計
建築振動学・荷重論
製図基礎(演習)
見学ワークショップ演習I・II

大学院
耐震構造学,建築構造解析学
略歴 平成19年3月 北九州市立大学 国際環境工学研究科 博士後期課程修了
平成19年4月 北九州市立大学 国際環境工学部 講師
専門分野 建築構造学

業績紹介

著書

1.津田惠吾編著(共著):建築学構造シリーズ 建築構造力学,第6章,第7章,第9章中9.4節,オーム社,2010年9月

学術論文

1.喬 崎雲,河野昭彦,津田惠吾,城戸將江,井上一朗:Experimental study on the buckling strength of weld-free built-up members using high strength steel (H-SA700) under axial compression,Proc. of PSSC2010,Beijing, 2010.10

2.劉青崧,城戸將江,津田惠吾:コンクリート充填角形鋼管断面の累加強度と降伏強度について,鋼構造年次論文報告集,第17巻,pp.587―594,2009年11月

3.中野英行,城戸將江,津田惠吾:組立柱と骨組の座屈の関連性,構造工学論文集,Vol.55B,pp.259-267,2009年3月

4.Yuka Sameshima, Masae Kido and Keigo Tsuda: PLASTIC DEFORMATION CAPACITY OF H-SHAPED STEEL BEAM CONNECTED TO CONCRETE FILLED STEEL TUBULAR COLUMN, Proc of The 14th World Conference on Earthquake Engineering, 2008.10.

5.藤田 昂丈,城戸將江,津田惠吾:コンクリート充填角形鋼管柱に取り付くH形鋼梁の塑性変形能力,鋼構造年次論文報告集,第15巻,pp.513―518,2007年11月 

6.城戸將江:コンクリート充填円形鋼管柱の復元力特性に関する研究,第7回複合構造の活用に関するシンポジウム,pp.7-1〜7-6,2007年11月

7.城戸將江,津田惠吾:Stability of Frames Including Columns Connected to Pinned End Beams,Proc. of the 4th International Structural Engineering and Construction Conference, Vol.1,pp.763-768,2007年9月

8.城戸將江,津田惠吾: 指定した座屈長さを与えるためのブレースの必要水平剛性 ―ブレース付き均等骨組の場合―,日本建築学会構造系論文集,第619号,pp.165―170,2007年9月

9.城戸將江,津田惠吾:梁端がピン接合された柱を含む骨組の座屈,構造工学論文集,Vol.53B,pp.179-184,2007年3月

10.城戸將江,津田惠吾:Required Stiffness of Bracing in Steel Frame,Proc. of Eighth Pacific Structural Steel Conference,Vol.2,pp.395-400,2007年3月

11.城戸將江,津田惠吾:均等なブレース付き骨組の柱材の実用座屈長さ評価式,日本建築学会構造系論文集,第611号,pp.141-147,2007年1月

12.津田惠吾,木村潤一,九谷和秀,武末幸久,鄭眞安,蜷川利彦,日高桃子,城戸將江:鋼構造の教育用視覚資料,鋼構造年次論文報告集,第14巻,pp.487-492,2006年11月

13.城戸將江,津田惠吾: Relation between Experienced Lateral Drift Angle and Residual One of Concrete Filled Steel Circular Tubular Columns, Proc. of the 8th International Conference on Steel-Concrete Composite and Hybrid Structures, pp.133-137, 2006年8月

14.城戸將江,津田惠吾: Frame Stability of Braced Frame, Proc. of the 10th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction (EASEC-10), pp.227-232, 2006年8月

15.城戸將江,津田惠吾:コンクリート充填鋼管柱の保有変形性能に関する研究,コンクリート工学年次論文集,第28巻,pp.1327-1332,2006年6月

16.城戸將江,津田惠吾: FLEXURAL STRENGTH OF BEAM WEB TO CONCRETE FILLED SQUARE STEEL TUBULAR COLUMN JOINTS, Proc. of the 8th international conference on Steel, Space & Composite Structures, pp.435-441, 2006年5月

17.城戸將江,津田惠吾:コンクリート充填角形鋼管柱に取り付く梁ウェブ接合部の曲げ耐力,日本建築学会構造系論文集,第602号,pp.219-226,2006年4月

18.城戸將江,津田惠吾:ブレース付き骨組の座屈について―ブレースの水平剛性と柱材の座屈長さ―,構造工学論文集,Vol.52B,pp.351-359,2006年3月

19.城戸將江,津田惠吾:コンクリート充填角形鋼管柱の経験部材角と残留変形角の関係,鋼構造年次論文報告集,第13巻,pp.503-508,2005年11月

20.城戸將江,津田惠吾:Design Method of Slender Concrete Filled Steel Tubular Columns under Moment Gradient, Proc. of the 3rd International Structural Engineering and Construction Conference, Vol.2, pp.623-628, 2005年9月

21.城戸將江,津田惠吾:コンクリート充填円形鋼管柱の経験部材角と残留変形角の関係,コンクリート工学年次論文集,第27巻,pp.1243-1248,2005年6月

22.城戸將江,津田惠吾:軸力と曲げモーメントを受けるコンクリート充填鋼管柱の設計式 ―座屈長さ・断面せい比lk/Dが4と12の間の柱―,構造工学論文集,Vol.51B,pp.469-474,2005年3月

23.城戸將江,津田惠吾:モーメント勾配のあるコンクリート充填鋼管長柱の耐力について,鋼構造年次論文報告集,第12巻,pp.317-322,2004年11月

24.城戸將江,江崎文也,小野正行,田中睦:RC柱曲げ降伏以後の経験部材角と残留変形角との関係,コンクリート工学年次論文集,第26巻,pp.187-192,2004年6月

受験生向けメッセージ

-

企業メッセージ

鋼・コンクリート合成部材,特にコンクリート充填鋼管柱について部材の保有変形性能や,細長い柱材の設計法について研究をしています.

研究内容・所属研究室紹介

鋼構造や鋼管の中にコンクリートをつめた(充填した)コンクリート充填鋼管部材(Concrete Filled Steel Tubular, 略してCFT)について研究しています.
その中でも特に,細長い部材の設計法や柱と梁の接合部について研究しています.

所属学会

日本建築学会
日本鋼構造協会
日本コンクリート工学協会

リンク集

(公財)北九州産業学術推進機構(研究者情報ページ)はこちら