学部学科・大学院

高巣 幸二/タカス コウジ/Koji Takasu

所属 【学部】建築デザイン学科(材料デザイン講座)
【大学院】環境工学専攻建築デザインコース
役職/職名 教授
学位(授与機関) 博士(工学) (九州大学)
担当科目 学部:建築材料・建築マネジメント・建築材料実験・保全施工実験・建築コスト・見学・ワークショップ演習Ⅰ・見学・ワークショップ演習Ⅱ・卒業研究・卒業設計
大学院:建築材料特論,建築生産管理論,建築エンジニアリングプラクティス,特別研究,建築材料講究
略歴 2001年3月 九州大学大学院人間環境学研究科空間システム専攻
          博士後期課程 単位取得の上退学
2001年4月 北九州市立大学国際環境工学部
          環境空間デザイン学科 講師
2006年4月 北九州市立大学国際環境工学部
          環境空間デザイン学科 助教授
2007年4月 北九州市立大学国際環境工学部
          建築デザイン学科 准教授
2014年4月 北九州市立大学国際環境工学部
          建築デザイン学科 教授
専門分野 建築材料学・施工学

業績紹介

〇学術論文

1.Hayato ShoyamaKoji TakasuHiroki SuyamaHidehiro Koyamada: “STUDY ON REMOVING UNBURNT CARBON IN FLY ASH BY FLOTATION METHOD AND PROPERTIES OF CONCRETE WITH REFORMED FLY ASH SLURRY”39th Conference on Our World in Concrete &StructuresSingapore、査読有り、pp.455-4612014.8

2.高巣幸二,陶山裕樹,小山田英弘:浮遊選鉱法によるフライアッシュ中の未燃炭素除去およびそのフライアッシュスラリーを使用したコンクリートの特性に関する実験的研究日本建築学会構造系論文集,第79巻,第697号,pp.331-340,2014.3

3.Koji TAKASU,Yasunori MATSUFUJI,Hiroki SUYAMA:MECHANICAL PROPERTIES AND PREDICTION OF COMPRESSIVE STRENGTH OF THE CONCRETE WITH HIGH VOLUME FLY ASH AS A PART OF FINE AGGREGATE,37th Conference on Our World in Concrete &Structures,pp.405-414,Singapore,2012.8

4.高巣幸二,陶山裕樹,松藤泰典:副産物系粉体の外割混合がコンクリートのアルカリシリカ反応に及ぼす影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.34,pp940-945,2012.7

5.高巣幸二,松藤泰典,陶山裕樹:フライアッシュを外割大量混合したコンクリートの力学性状と強度推定,日本コンクリート工学会「混和材を積極的に使用するコンクリート」に関するシンポジウム,pp.13-20,2011.12

6.Koji TAKASU,Yasunori MATSUFUJI:Strength Property of Concrete Using High Volume Fly Ash as a Part of Fine Aggregate Under 40Air Curing,Second International Conference on Sustainable Construction Materials and Technologies,pp.1831-1841,Italy,2010.6

7.高巣幸二:石炭灰スラリーを外割大量混合したコンクリートの構造体強度特性,日本建築学会技術報告集,第15巻,第29号,pp.1-4,2009.2

8.高巣幸二,松藤泰典:40℃気中環境下におけるフライアッシュ外割混合コンクリートの強度性状,コンクリート工学年次論文集,第30号,pp.201-206,2008.7

9.高巣幸二,松藤泰典:再生骨材を使用したフライアッシュ外割混合コンクリートの強度性状,コンクリート工学年次論文集,Vol.29,No.2,pp.379-384,2007.7

10.高巣幸二,松藤泰典:乾式積煉瓦工法における曲面壁及び出窓壁の割付則,日本建築学会技術報告集,Vol.13,No.26,pp.401-404,2007.12

11.松藤泰典,高巣幸二,陶山裕樹:乾式組積造煉瓦割付施工図CADアプリケーションの開発,日本建築学会技術報告集,No.22,pp29-34,2005.12

12.松藤泰典,高巣幸二,達見清隆:乾式煉瓦組積造工法の開発,日本建築学会技術報告集告,No.22,pp25-28,2005.12


13.Yasunori Matsufuji,Koji Takasu:Setting up of procurement management system for housing,The Second International Conference on Systems Thinking in Management A-3, pp38-43,2002.4

14.高巣幸二,松藤泰典,小山智幸:住宅における生産システムの構築−ビルダーをエージェントとした資材調達システム−,九州大学工学集報,Vol.74,No.1,pp47-54,2001.1

15.高巣幸二,松藤泰典:湿式煉瓦造住宅の生産性分析,九州大学工学集報,Vol.73,No.6,pp685-692,2000.11

16.松藤泰典,小山田英弘,高巣幸二:生コンクリートの品質管理試験値の正規分布への適合に関する考察,セメント・コンクリート論文集,第51号,pp556-571,1997

〇受賞

1.American Concrete Institute (Singapore Chapter) AWARD 2014


受験生向けメッセージ

建築物を設計して建設するには,外観や内観等の意匠だけでなく,壊れない材料,耐久性のある材料を選定することが重要です.また,その建物をどのように作ればよいか検討することも大切です.高巣研究室では,日夜,新材料の開発,新工法の提案に取り組んでいます.特に,建物の基幹をなす新コンクリートの開発に重点をおいています.高巣研究室では,1つの解(おそらくない?)を見つけ出すことが非常に困難な,暖かくて冷たいコンクリートとおつきあいしています.
建築材料・施工の分野に関心のある学生の応募を待っております.

企業メッセージ

◎改質フライアッシュの製造方法および改質フライアッシュスラリーコンクリートの特性

2011311日の東日本大震災により発生した大量の震災がれきやその後の原子力発電の停止による火力発電の需要の高まりから生じる膨大なフライアッシュの処理が今後重要となる.震災がれきやフライアッシュをそのままコンクリートに混入しようとしても強度発現性および耐久性に問題が生じるため,これらの材料を使用するための技術開発が必要となる.当研究室では2009年度から科学技術振興機構(JST)A-STEP・本格研究開発・起業挑戦タイプ「改質フライアッシュコンクリートの製造方法」(2012年度プロジェクトリーダー:高巣幸二)に取り組んでいる.ここでは低品質なフライアッシュの未燃カーボン除去による改質方法を確立し,ベンチャー企業「(株)石炭灰総合研究所」を起業した.


◎再生材料コンクリートの高性能化

コンクリート塊の再処理工場で再生骨材Hの規格を満足する製品はほとんど生産されておらず,グレードの落ちる再生骨材M,再生骨材Lの生産が大半となっており,結果として路盤材として使用される再生骨材がほとんどです.そこで,低品質の再生骨材M,再生骨材Lをフライアッシュと共に使用して,構造体コンクリートを成すだけでなく,高強度,高耐久性を有するコンクリートの開発を目的としています.この結果,これまで廃棄物として扱われていた物を未利用資源として捉え,資源循環を促進させる効果が期待できます.

研究内容・所属研究室紹介

研究テーマ
1.浮遊選鉱法による建築材料用フライアッシュの製造及びその応用技術の開発

2.再生材料等を使用した高強度コンクリートの開発

3.低炭素社会実現へ向けた建築材料の性能考慮型環境影響評価

キーワード
再生骨材,コンクリート,改質フライアッシュ,浮遊選鉱,未利用資源,循環型住宅,煉瓦造,IT,建築マネジメント

高度経済成長期から蓄積された膨大な建設物のストックが,その寿命を迎えはじめており,今後,多大な建設廃材の排出が予想されています.廃棄物と捉えるのか,リサイクル材料として捉えるのかで今後の経済社会に大きな影響を与えます.循環型経済社会では後者として捉える必要があります.そこでこれらの廃棄物及び未利用資源をコンクリートの構成材料と位置づけ,コンクリートの高品質化を図る研究を実施しています.

学会活動

日本建築学会倫理委員会委員

日本建築学会倫理委員会建築倫理事例活用WG主査

日本建築学会九州支部材料・施工委員会幹事

日本コンクリート工学会年次大会2016実行委員会生コンセミナー部会幹事

日本コンクリート工学会九州支部技士委員会書記長

日本コンストラクション・マネジメント協会九州支部副支部長

リンク集

高巣研究室HP
(公財)北九州産業学術推進機構(研究者情報ページ)はこちら