学部学科・大学院

保木 和明/ホキ カズアキ/Kazuaki Hoki

所属 【学部】建築デザイン学科
【大学院】環境工学専攻建築デザインコース

 

役職/職名 講師
学位(授与機関) 博士(工学)(東京都立大学)
担当科目 【学部】
建築施工
保全施工実験
保全構造実験
材料力学
構造設計演習
入門ゼミ
見学ワークショップI
見学ワークショップII
【大学院】
建築生産管理論
環境調和型材料工学特論
建築エンジニアリングプラクティス
建築構工法講究
略歴 2002年3月 工学院大学工学部建築学科 卒業
2002年4月 工学院大学大学院工学研究科修士課程 入学
2004年3月    同 上 修了
2004年4月 東京都立大学大学院工学研究科博士課程 入学
2010年3月    同 上 修了
2010年3月 博士(工学)

2008年4月 工学院大学 非常勤講師 (2010年3月まで)
2010年4月 京都大学防災研究所 特定研究員 (2012年3月まで)
2012年4月 北九州市立大学 国際環境工学部 講師 (現在に至る)
専門分野 建築構造学

業績紹介

・Yunbiao Luo, Kazuaki Hoki, Kazuhiro Hayashi, Masayoshi NakashimaBehavior and Strength of Headed Stud-SFRCC Shear Connection Part I: Experimental Study, Journal of Structural Engineering, ASCE, 04015112, 2015.7.

Yunbiao Luo, Kazuaki Hoki, Kazuhiro Hayashi, Masayoshi NakashimaBehavior and Strength of Headed Stud-SFRCC Shear Connection Part II: Strength Evaluation, Journal of Structural Engineering, ASCE, 04015113, 2015.7.

・保木和明,羅雲標,中島正愛:SFRCCと密に配置した鋼製スタッドによる接合の耐力評価,日本建築学会構造系論文集,第77巻,第676号,pp.975-984,2012.6.

・伊藤麻衣,坪山紀子,谷口雄大,保木和明,中島正愛:スリット入り鋼板耐震壁におけるパネル型面外補剛法の検証実験,日本建築学会構造系論文集,第77巻,第672号,pp.283-291,2012.2.

・保木和明,芳村学:スリット設置による古いRC中層集合住宅の耐震性改善,日本建築学会構造系論文集,第76巻,第667号,pp.1685-1694,2011.9.

・金紅日,芳村学,中村孝也,保木和明:古い鉄筋コンクリート柱の耐震性に及ぼす袖壁の影響,日本建築学会構造系論文集,第73巻,第633号,pp.2001-2008,2008.11.

・保木和明,芳村学:脆性的挙動を示す既存中層鉄筋コンクリート造集合住宅の耐震性評価 −柱の実験結果に基づく検討−,日本建築学会構造系論文集,第610号,pp.145-152,2006.12.

・芳村学,土肥うらら,保木和明,北山和宏:荷重低下域における柱の挙動を考慮した被災RC造建物の非線形骨組解析 −三陸はるか沖地震における八戸東高校の検討−,日本建築学会構造系論文集,第597号,pp.109-117,2005.11.

受験生向けメッセージ

よく勉強し,よく遊び,よく寝る(健康が一番)。いろいろな経験を通して,幅広い視野を持って下さい。その過程で,少しでも建築(特に,建築構造)に興味をもった学生の方(建築構造とは何??と思った方)は気軽に研究室見学(遊び)に来て下さい。

企業メッセージ

大震災を防ぐため,既存建物の耐震性評価の高精度化や耐震改修技術の高度化などの研究をしています。

研究内容・所属研究室紹介

近い将来起こるであろう大地震に備えて,町や都市の基盤となっている既存建物の耐震性をより精度良く評価するための方法やより効率的な耐震補強を実施するための新技術について研究しています。

リンク集

(公財)北九州産業学術推進機構(研究者情報ページ)はこちら