教育・研究・地域貢献

技術開発センター群

「技術開発センター群」構想

 本学と北九州学術研究都市における技術開発機能を高め、その成果の事業化を推進することを目的に、環境技術・情報技術・ナノテクなど、今後有望な産業シーズの開発を専ら担う、時限的な(3年程度)「北九州市立大学技術開発センター」を設置し、市の科学技術振興指針に掲げる「知を基盤としたものづくりの街」と「次世代社会システムの構築」の実現を推進するものです。

構成するセンター

環境・消防技術開発センター
 北九州市と北九州市立大学国際環境工学部で培ってきた環境技術と消防技術を活用して、新しいモノづくりに取り組み安全で安心できる社会づくりに貢献するための研究開発機関です。
地域産業の発展に貢献するとともに、国内外の研究開発機関、消防関係機関、関連企業と連携して、特色ある環境・消防技術を生み出す世界に類のない研究開発拠点を目指しています。
平成20年度〜
バイオメディカル材料開発センター
 バイオテクノロジーは人間の生命と生活の質に直接関係する技術であることから、極めて重要であるとともに、知識・技術集約型で環境負荷の少ない産業です。しかし、北九州地区にはその芽がまったくないと言ってよい状況です。先行する地域とは差別化を図り、九工大や産業医科大、歯科大学のバイオテクノロジーの研究者と交流をするなかから、この地域独自の技術シーズを総合的に組み合わせて、生体状態の予測&予防工学の観点から新しいバイオテクノロジーを追求します。
平成22年度〜
国際光合成産業化研究センター
 天然、人工およびハイブリッド型の新規光合成要素技術の開発を通じて、(1)CO2回収、(2)エネルギー生産、(3)食糧生産、(4)環境制御・保全の分野での新たな産業の創出を目指します。そのため地域での産学連携および国内の外部研究機関並びに学会等との連携、さらには、国際連携を通じて、上記目的のための基礎研究から実用化研究までを実施します。
平成27年度〜

過去の技術開発センター群