教育・研究・地域貢献

平成30年度 国際環境工学部関連表彰

The 51st Fall Conference on Recycling Korea 2018  Best Poster Award

本学関係者 俵 那至 (国際環境工学研究科 環境資源システムコース 博士前期課程2年 大矢 仁史 研究室)
大矢 仁史 教授 (国際環境工学部 エネルギー循環化学科)
主催The Korean Institute of Resources Recycling
受賞日 平成30年11月1日
内容韓国で開催されたリサイクル会議におけるポスター発表が、ベストポスター賞を受賞しました。
【発表題目】"Study on the silver clay capable of sintering at low-temperature"

日本粉体工業技術協会 技術賞

本学関係者 大矢 仁史 教授 (国際環境工学部 エネルギー循環化学科)
主催一般社団法人 日本粉体工業技術協会
受賞日 平成30年5月23日
内容リサイクル技術分科会発足時から資源循環型社会の中核となる技術の発展と普及に貢献した事や、「粉体技術」誌を粉体技術に関する情報誌に育て上げ、粉体工業技術の発展に貢献した功績などが評価され、技術賞を受賞しました。

ハーフェレジャパン ハーフェレ学生デザインコンペ 最優秀賞

本学関係者 清水 伶 (国際環境工学研究科 建築デザインコース 博士前期課程1年 赤川 貴雄 研究室)
主催株式会社ハーフェレジャパン
受賞日 平成30年10月11日
内容「Wellness architecture (ウェルネス アーキテクチャー)」をテーマとした設計競技において、最優秀賞を受賞しました。
【作品名】「境界を揺るがす三層の襞―街と溝渠の狭間を縫う網―」

第46回可視化情報シンポジウム ベストプレゼンテーション賞

本学関係者 竹下 泰史 (国際環境工学研究科 機械システムコース 博士前期課程2年 宮里 義昭・仲尾 晋一郎 研究室)
主催一般社団法人 可視化情報学会
受賞日 平成30年9月16日
内容この賞は、可視化情報技術の未来を担う若い世代の啓蒙を目的として実施された「学生プレゼンテーションコンテスト」において、優秀な学術講演に対して授与される賞です。
【研究題目】「レインボーシュリーレン法によるショックトレーンの可視化」

Hack U 2018 FUKUOKA 最優秀賞

本学関係者 原 亨 (国際環境工学部 情報メディア工学科 4年 佐藤 敬 研究室)
長野 陸 (国際環境工学研究科 通信・メディア処理コース 博士前期課程1年 永原 正章 研究室)
高山 愛帆 (国際環境工学部 情報メディア工学科 4年 山崎 進 研究室)
藤原 泰晟 (国際環境工学部 情報メディア工学科 4年 山崎 恭 研究室)
主催ヤフー株式会社
受賞日 平成30年8月25日
内容4名のチーム「はらとおるLab」 による作品「もう君を枯らさんけん」が、最優秀賞を受賞しました。同チームは副賞として2018年12月に開催予定のHack Day 2018への招待を受けています。
Hack U 2018 FUKUOKAは学生のための「ものづくり体験イベント」で、開発テーマ「UPDATE インタラクション 〜すごいコール&レスポンスをつくろう〜」のもと、技術、デザイン、アイデアを競うハッカソンです。開発した作品は、植物を育てることに関心がある人を対象とした対話型植物育成システムです。この一見不可能と思われる植物との対話というアイデア、それを実現するためのいろいろな機能を高いレベルで実現していた点が高く評価されて受賞に至ったものです。

第16回全日本学生フォーミュラ大会 日本自動車工業会会長賞

本学関係者 学生フォーミュラプロジェクト「KF-works」
主催公益社団法人自動車技術会
受賞日 平成30年9月8日
内容9月4日(火)〜9月8日(土)開催中に、車検、静的審査、動的審査を行いました。この賞は、全ての静的・動的審査に参加し、完遂・完走しているチーム(書類遅延及びエンデュランス完走後の騒音ペナルティーが無いこと)に贈られる賞です。
動画はこちら

福岡県環境教育学会 発表賞

本学関係者 岡本 実紗子 (国際環境工学研究科 環境バイオシステムコース 博士前期課程1年 森田 洋 研究室)
主催福岡県環境教育学会
受賞日 平成30年8月11日
内容福岡県環境教育学会第21回年会において、発表賞を受賞しました。
【発表題目】「北九州産の山ブドウから分離した酵母」
若松地区で栽培されたワイン用ブドウ(山ブドウ)から98菌株の酵母を分離し、このなかからガス発生量やアルコール耐性の高い有用酵母を見いだし、ワイン醸造への可能性について考察したことが評価されました。

日本DDS学会 学術集会 優秀発表賞

本学関係者 藤井 翔太 特任研究員 (環境技術研究所)
主催日本DDS学会
受賞日 平成30年6月22日
内容第34回日本DDS学会学術集会において、優秀発表賞(ポスター発表の部)を受賞しました。
【発表題目】「正多面体状ミセル形成を利用したウイルス模倣粒子の創製」

日本DDS学会 永井賞

本学関係者 櫻井 和朗 教授 (環境技術研究所)
主催日本DDS学会
受賞日 平成30年6月22日
内容この賞は、DDS(Drug Delivery System)技術の基礎研究において顕著な業績をおさめた研究者に贈られる賞です。

環境省 環境保全功労者表彰

本学関係者 門上 希和夫 特命教授 (環境技術研究所)
主催環境省
受賞日 平成30年6月13日
内容環境中の微量化学物質分析及びその網羅的分析法の研究で顕著な業績を挙げた他、環境省実施の日韓共同研究や化学物質環境実態調査に尽力し環境保健行政の推進・国際連携に貢献したことが評価されました。

廃棄物資源循環学会九州支部 研究ポスター発表会 優秀ポスター賞


本学関係者 高橋 雅和 (国際環境工学研究科 環境資源システムコース 博士前期課程2年 伊藤 洋 研究室)
主催一般社団法人 廃棄物資源循環学会 九州支部
受賞日 平成30年5月19日
内容受賞者は5名で、高橋さんは昨年度に続き2年連続の受賞です。

高分子学会 平成29年度高分子学会賞


本学関係者 櫻井 和朗 教授 (環境技術研究所)
主催公益社団法人 高分子学会
受賞日 平成30年5月24日
内容この賞は、高分子科学および技術に関する独創的かつ優れた業績を挙げた会員を顕彰するものです。
【研究題目】「散乱法による超分子・高分子集合体の溶液物性と精密構造解析」

日本機械学会 産業・化学機械と安全部門 論文表彰


本学関係者 清田 高徳 教授 (国際環境工学部 機械システム工学科)
杉村 裕希 (国際環境工研究科 機械システムコース 博士前期課程2017年3月修了 清田 高徳 研究室)
平野 力 (国際環境工研究科 機械システムコース 博士前期課程2018年3月修了 清田 高徳 研究室)
主催一般社団法人 日本機械学会 産業・化学機械と安全部門
受賞日 平成30年5月10日
内容2017年度日本機械学会年次大会において発表した論文について、論文表彰を受けました。
【発表題目】「本質安全制御に基づくパワーアシスト台車」

日本建築学会九州支部 2017年度建築九州賞 (研究新人賞)


本学関係者 小川 裕子 (国際環境工研究科 建築デザインコース 博士前期課程2年 白石 靖幸 研究室)
主催一般社団法人 日本建築学会九州支部
受賞日 平成30年4月18日
内容研究新人賞は、2018年3月4日に開催された2017年度 第57回 日本建築学会九州支部 研究発表会(鹿児島大学)にて発表を行った学生を対象としています。
【研究題目】「冷房方式の違いによる病室の温熱環境が睡眠時の人体生理・心理量に及ぼす影響」

文部科学省 平成30年度文部科学大臣表彰 若手科学者賞

本学関係者 天野 史章 准教授 (国際環境工学部 エネルギー循環化学科)
主催文部科学省
受賞日 平成30年4月17日
内容この賞は、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者が対象です。
【研究題目】「電子輸送の効率化による酸化物光触媒の高性能化研究」