教育・研究・地域貢献

平成16年度 国際環境工学部関連表彰

学生ベンチャーインターンシップモデルコンテスト 1位

本学関係者 水城秀信(学部4年)
主 催 学生ベンチャーインターンシップモデルコンテスト実行委員会
受賞日 平成17年3月25日
内 容 参加学生と市内ベンチャー企業をマッチングの上、当該企業にインターンシップ形式で協力・指導を受けながらビジネスプランを作成し、プレゼンテーションする。今回大学での研究内容である「廃油のリサイクル技術の開発」と「新消火剤の開発・供給」とを組み合わせたビジネスモデルを提案。その内容が具体的で、実現性があることなどから1位を受賞した。

平成16年度 環境に優しい若松まちづくり表彰 貢献者賞

本学関係者 デワンカー・バート(助教授)
主 催 若松区
受賞日 平成17年3月17日
内 容 若松区にてNPOによる環境及びまちづくり活動が評価された。

平成16年度 日本エネルギー学会 進歩賞(学術部門)

本学関係者 朝見賢二(教授)
主 催 (社)日本エネルギー学会
受賞日 平成17年2月25日
内 容 天然ガスからのウルトラクリーン燃料合成用触媒の開発が評価された。

日本化学会 学術論文 The Best Article of the Month 賞

本学関係者 櫻井和朗(教授)
主 催 (社)日本化学会
受賞日 平成16年
内 容 日本化学会に研究成果が認められ授与された。

日本溶射協会 奨励賞

本学関係者 片野田洋(講師)
主 催 日本溶射協会、(社)高温学会溶射部会
受賞日 平成16年12月10日
内 容 次世代の成膜技術として注目を集めているコールドスプレーとエアロゾルデポジションについて、基材直前での微粒子の挙動を数値シュミレーションにより明らかにし授与された。(コールドスプレーについては国内初、エアロゾルデポジションについては世界初)

名誉教授の称号授与

本学関係者 国武豊喜(副学長)
相手先 中国科学院物理化学技術研究所(北京)
日時 平成16年11月24日
内 容 科学上の功績と研究所に対する貢献に対し授与された。

第18回環境研究発表会 ポスターセッション 事務局長賞

本学関係者 松本亨(助教授)、乙間末廣(教授)
主 催 (社)環境情報科学センター
受賞日 平成16年11月18日
内 容 本賞は研究途上結果を含む研究内容や研究企画を視覚的に表現したポスターを公募し、当日の出展者による説明、来場者との研究内容に関するディスカッションなどを通じて、環境情報科学研究に係わる一層の活性化、来場者との交流を介した若手研究者の研究基盤の育成等に努めるもの。

天童木工家具デザインコンクール

本学関係者 赤川貴雄(助教授)
主 催 天童木工
受賞日 平成16年11月11日
内 容 “affordance”をコンセプトとした家具デザインで、赤川助教授と本学学生による作品にて佳作入選。

日本橋まちづくりアイデアコンペ 佳作

本学関係者 赤川貴雄(助教授)
主 催 日本橋 みちと景観を考える懇談会
受賞日
平成17年11月26日
内 容 「日本橋上空の解放と親水性の復活」をコンセプトに、提出総作品数324作品の中から、赤川助教授と本学学生による作品が受賞。

2004釜山国際建築デザインワークショップ 第2位入賞 審査委員長特別賞(スングヒョサン建築家賞)

本学関係者 赤川貴雄(助教授)
主 催 2004釜山国際建築デザインワークショップ分科委員会
受賞日 平成16年9月17日
内 容 釜山市の港を活気と生命力溢れるウォーターフロント空間へと変貌させるため建築デザインを募集。総勢82名の中から、赤川助教授と本学学生による作品が受賞。

北九州市環境賞・奨励賞

本学関係者 デワンカー・バート(助教授)
主 催 北九州市
受賞日 平成16年9月13日
内 容 環境保全活動で優れた功績があった個人や団体を公募し、顕彰する。「森林・竹林、水辺、田んぼの保全」をテーマにした、環境を守るための市民参加型のイベントが認められ受賞。

第1回北九州市農業行動指針フォローアップ委員会 優秀賞

本学関係者 デワンカー・バート(助教授)
主 催 北九州市
受賞日 平成16年8月25日
内 容 消費者の立場で「農」を応援するために、自由な発想で企画・提案・実施する取り組みについて募集。小学生とその保護者や一般市民を対象に、田植え・稲刈り体験・田んぼの生き物調査・ほ場整備状況・水利システム調査・餅つき大会など、田んぼをフィールドとした総合的な体験学習を実施する「田んぼの春夏秋冬」が優秀賞を受賞。

Best Paper Award of Asian Journal of Control for 2002 & 2003

本学関係者 堀口和己(助教授)
主 催 Chinese Automatic Control Society
受賞日 平成16年7月22日
内 容 2002年、2003年のAsian Journal of Control 掲載論文から選ばれた論文賞を受賞。

空気調和・衛生工学会 第18回振興賞

本学関係者 相楽典泰(教授)
主 催 (社)空気調和・衛生工学会
受賞日 平成16年5月18日
内 容 本賞は空気調和・衛生工学と工業の振興と発展及び新進の研究者・技術者を育成することを目的として、特に優秀な大学の学生、高校教育に携わる者の論・報文、会員の技術に関する業績に授与。
氷蓄熱ビル用マルチ利用躯体蓄熱システムの実用化に際しての諸問題の解決と的確な性能検証が評価され受賞。

International Technology Exchange Society ITE Research Award

本学関係者 河野智謙(助教授)
主 催 International Technology Exchange Society(ITE)
受賞日 平成16年5月1日
内 容 植物細胞のオキシダティブバースト研究への顕著な貢献が認められ受賞。