お知らせ

ものづくりチャレンジプロジェクト最終報告会が開催されました

 ひびきのキャンパスで2020年2月20日に、「ものづくりチャレンジプロジェクト」の最終報告会が開催されました。「ものづくりチャレンジプロジェクト」とは、将来ものづくり技術を担う高度人材を発掘・育成するため、学生主体の自由で自主的なアイデア・企画によるものづくりの活動を支援するものです。
 今年度、ものづくりチャレンジプロジェクトに採択されたのは次の5団体です。

プースカフェズ 
 「紫外線LED及び光触媒を用いた悪臭改善システムの試作及び性能評価」
KF-works
 「学生フォーミュラプロジェクト」
Peco
 「ものづくりに用いるPCパーツの再利用システムの確立と水冷・空冷装置の性能再検証と高負荷PCの安定した動作環境構築」
エネルギー変換Lab
 「広げる化学の輪プロジェクト」
ひびきの工房
 「中・上級者向け実践力育成〜電動車椅子自動制御への取組み〜」

 どの団体も少々緊張気味に、1年間のプロジェクトの成果を報告しました。
 委員の方々からは、課題整理の仕方を工夫することや、資金を出してもらうために効果をアピールすること、活動の独自性を出すこと、1年間活動した中で「課題がわかった」ことも成果なのでしっかり示すことなど、アドバイスをたくさんいただきました。

 
                プースカフェズ                                       KF-works

 
                     Peco                                         エネルギー変換Lab

 
               ひびきの工房

 審査委員長である上江洲学部長の総評では、中間報告の時点より全体的に飛躍的に進歩していると評価され、これから入学してくる学生にアピールできるよう、今後も活動を続けてください、とエールが送られました。




<登録日>
2020年03月02日