お知らせ

「戦略的水・資源循環リーダー育成」プログラムが「S」評価を受けました

北九州市立大学では、平成21年度から平成25年度までの5年間、大学院国際環境工学研究科を中心として、文部科学省科学技術戦略推進費による「戦略的環境リーダー育成拠点形成」事業を実施しました。このたび本学の取り組みが文部科学省から最高ランクの「S」評価を受けました。


平成25年度に補助事業が終了した7大学のうち、「S」評価を受けたのは2大学です。本学の取り組みの評価では、北九州市や地域企業との緊密な連携および、海外拠点とのネットワーク構築が特に高く評価され、今後のさらなる展開が期待されています。


本事業によって実施した「戦略的水・資源循環リーダー育成」プログラム(International Leader Training Program for Sustainable Use of Water and ResourcesSUW)は、アジアの水環境の課題解決に向け専門知識と技術を持つ国際的環境リーダーを育成するものです。5年目終了時までに留学生と日本人学生あわせて47人が環境リーダーとして認定されました。また、拠点形成事業として、当研究科の留学生受け入れと英語によるカリキュラム体制の展開を牽引してきました。プログラムは継続され、現在も多国籍の大学院生が次なる環境リーダー候補生として研究に励んでいます。


プロジェクトの評価結果を含め、評価の経緯、評価結果の概要等は以下の文部科学省のホームページで公表されています。


◆文部科学省のホームページ(評価結果等)

http://www.mext.go.jp/a_menu/sonotaichiran/ittaitekisuisin/1354146.htm 



◆「戦略的水・資源循環リーダー育成(SUW)」プログラムについて

http://www.kitakyu-u.ac.jp/env/suw.html


<登録日>
2015年01月08日