国際環境工学部について

理念と目的

国際環境工学部が目指すもの

 国際環境工学部、大学院国際環境工学研究科は、環境に配慮した持続可能で豊かな産業都市を目指すべく、地域の期待を集めて開設されました。
 本学では、これに応えるべく、優れた人材の育成と世界水準の技術開発を推進し、地域産業の活性化や市民生活の向上に貢献することを目指します。

国際環境工学部 各学科の目的

エネルギー循環化学科 物質変換を含む物質の流れを理解し、その過程を制御して物質の生産や資源循環・環境改善技術を専門とする人材の養成
機械システム工学科 機械システム技術者として、環境に配慮したものづくりで、「豊かな社会」と「持続可能な社会」との両立に貢献できる人材の養成
情報メディア工学科 電子・情報・通信を基礎とする情報メディア工学を理解し、情報環境の生み出す諸問題を解決できる基礎学力を持つ人材の養成
建築デザイン学科 建築デザインおよび建築技術に関する基礎学力と実践力を身に付け、地球環境に配慮した建築・都市の創造と保全に貢献できる人材の養成
環境生命工学科 生物や生態系を活用して新しい材料や技術を提案できるとともに、マネジメント手法や環境管理手法を身に付けた人材の養成


大学院国際環境工学研究科 各専攻の目的

環境工学専攻 環境工学について高度な専門的知識を活用でき、国際的な場で活躍できる高い能力を身に付けた高度専門職業人及び研究者の養成
情報工学専攻 情報工学について高度な専門的知識を活用でき、国際的な場で活躍できる高い能力を身に付けた高度専門職業人及び研究者の養成
環境システム専攻 環境システムについて高度な専門的知識を活用でき、国際的な場で活躍できる高い能力を身に付けた高度専門職業人及び研究者の養成