広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

第89回北方サロンを開催しました!【広報スタッフ日記】

10月17日(水)、北方キャンパスの図書館1階ラーニングシアターにて、

第89回北方サロンを開催しました。

研究者相互の知的交流と新たなネットワークの構築を目的とした北方サロン、
今回は、外国語学部の齊藤先生とアーノルド先生に、
ご自身の研究成果についてそれぞれお話いただきました。

【外国語学部 齊藤 園子 先生】
 テーマ:模擬国連を活用したグローバル人材育成のための英語教育開発



《模擬国連に同行した学生の難波真琴さんからコメントをいただきました。》


講演内容について、熱心にメモを取られる参加者もいらっしゃいました。


【外国語学部 ウエイン・E・アーノルド 先生】
 テーマ:ヘンリー・ミラーと上野霄里の往復書簡



参加された方々から笑い声があがるなど、楽しい会となりました。


次回は11月21日(水)の開催を予定しております。
詳細については、別途ホームページにお知らせを掲載しております。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。
第90回もたくさんの方のご参加をお待ちしております。

<登録日>
2018年11月13日

全国大学ビブリオバトル2018~大阪決戦~の学内予選会を観戦しませんか?【広報スタッフ日記】

以前の日記でもお伝えしましたが、

全国大学ビブリオバトル2018〜大阪決戦〜」の学内予選会が、
11月17日(土)に開催されます。

今年で6回目を迎えるこの予選会ですが、多くのバトラーが参戦し、
大阪で行われる全国大会を目指します。

そこで、この熱いバトルを一緒に見届けてくれる観戦者を募集します!
学内関係者はもちろんのこと、学外の方も観戦可能です。

今年も例年以上の盛り上がりが予想されますので、ぜひお見逃しなく!!


《ビブリオバトル 北九州市立大学予選会》

日時: 2018年11月17日(土)13:30〜15:00(予定)
会場: 北九州市立大学 北方キャンパス図書館 1階ラーニングシアター
    (北九州市小倉南区北方4-2-1)

観戦をご希望の方は、当日13:30までに上記会場にお集まりください。
(事前申し込みは不要です)

※詳細はこちら

<登録日>
2018年11月07日

保護者のための就活セミナーを実施しました!【広報スタッフ日記】

11月4日(日)、株式会社朝日新聞社と北九州市立大学後援会の共催で

本学在学生と保護者を対象にした就活セミナーを実施しました。

地元企業の株式会社安川電機やシャボン玉石けん株式会社の採用担当者、
就職コンサルタントの坂本 直文氏にご登壇いただき、
企業の求める人材や、エントリーシートの書き方等、
就職活動に関するアドバイスをいただきました。
参加した本学学生や保護者の皆さまは熱心にメモを取られていました。



また、セミナー終了後は、就職内定者を招いた質問コーナーを設け、
内定者が実際に作成したエントリーシートや面接練習のためのメモなどの掲示も行い、
多くの人で賑わいました。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

<登録日>
2018年11月05日

今年度も「エアライン特別講座」を開講しています!【広報スタッフ日記】

10月30日(火)から、航空業界への就職を希望する学生を支援する講座

「エアライン特別講座」が開講しました。

本講座は、北九州市に本社を置く株式会社スターフライヤーと連携して実施しており、
現役社員の方から、航空業界の最新情報やプロフェッショナルの仕事について直接学ぶことができる、
大変貴重な内容となっています。

今年度も、株式会社スターフライヤーCS推進部 シニアマネージャーの渕 けい子 様を講師にお招きし、
26名の学生が受講しています。



第1回目の講座では、5名の社員の方と3名の本学採用内定者が登壇され、
航空業界の現状や企業紹介のほか、学生とのフリーディスカッションを行いました。



受講した学生からは
「エアライン業界へ就職する決意が強まった。」
「意識の高い仲間が多く、刺激を受けた。一緒に学ぶことで成長したい。」
などの感想がありました。

本講座を通じて共に学ぶ仲間と成長し、
一人でも多くの学生に夢や目標を叶えてほしいと思います。

<登録日>
2018年11月01日

<本学学部生・院生対象>全国大学ビブリオバトル2018~大阪決戦~の学内予選会が開催されます!【広報スタッフ日記】

今年もビブリオバトルが学内予選が開催されます!


本学で取り組みを始めて、今年で6回目となります。
昨年度は開催史上最多の参加者数を記録し、今年も大盛り上がりの予感です!!

現在、学内予選会の発表者・観覧者を募集しています。

学内予選会等の詳細は以下のとおりです。

――――――――――――――――――――――――――――――

《学内予選会》 ※観戦は学外の方も可能です。
日時:11月17日(土)13:30〜15:00
場所:図書館1階ラーニングシアター(予定)

《発表者募集締切》
 10月31日(水) ※本学学部生・院生対象

《説明会》
日時:10月15日(月)〜26日(金) ※10月20日(土)・21日(日)は除く。
    各日13:30〜16:30
    予約不要・上記時間帯ならいつでも可。
場所:図書館1階ラーニングコモンズエリア
    ※「ビブリオバトル説明会」の看板が目印です。

――――――――――――――――――――――――――――――

詳しくは、こちら

全国ビブリオバトル2018〜大阪決戦〜 公式ホームページは、こちら。(外部リンク)

<登録日>
2018年10月15日

JICA草の根技術協力事業(カンボジア)の研修が無事終了しました!【広報スタッフ日記】

8月20日(月)から31日(金)まで実施をしていました、

本学がJICA(国際協力機構)の「草の根技術協力事業」を活用して実施する、
産業人材育成研修が無事に終了しました。
カンボジアからの研修生7名は、予定していたすべてのプログラムを受講を終え、
研修生全員に修了証書が手渡されました。



以前の日記でもお伝えしましたが、
研修期間中は、講義の受講だけでなく、工場などの現場見学も行いました。
研修生たちからは「日本の労働環境がどのようなところか肌で感じることができ、
大変満足した研修でした」との感想がありました。

    
       <講義の様子>              <見学の様子(安川電機みらい館)>

また、研修の合間の休暇を利用して、
8月25日(土)には小倉のミクニスタジアムで、
北九州市がホームのサッカークラブ・ギラヴァンツ北九州の試合を
ユニフォームを着て観戦しました!
ギラヴァンツ北九州は、カンボジアのプノンペン・クラウンFCと
クラブ間パートナーシップ提携を締結しており、研修生たちも興味深く観戦していました。




研修の最終日には学長表敬を実施し、研修の報告を行いました。



研修生の皆さん、お疲れ様でした。

今後は、講師が定期的に日本から現地へ赴き、研修生へのフォローアップを実施していきます。
また本学では、来年度も研修生を受け入れる予定です。

<登録日>
2018年09月05日

カンボジアから研修生がきました!【広報スタッフ日記】

本学がJICA(国際協力機構)の「草の根技術協力事業」を活用して実施する

産業人材育成研修の研修生7名が、カンボジアから来日しました。



研修生は、今後カンボジアで産業人材を育てていくための知識や手法を学んでいきます。
午前中は学内で講義(働く意義や仕事の進め方、ものづくりの基本など)を受け、
午後はものづくりの現場を学ぶため、工場などへ見学に行きます。

また、研修の合間には、日本の文化にも触れています。



先日8月20日(月)には、北九州市長への表敬も行い、
市長と研修生でカンボジアの現状などについて意見交換を行いました。



研修は8月31日(金)まで実施予定です。

<登録日>
2018年08月21日

英国ウェールズラグビー協会から交流親善大使が来学されました!【広報スタッフ日記】

8月2日(木)、英国ウェールズラグビー協会から、

元ウェールズ代表のライアン・ジョーンズさんら交流親善大使9名が来学され、
学長を表敬訪問および学生との交流を行いました。

こちらの日記でも以前にご紹介をしていますが、
北九州市は「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」において、
ウェールズ代表チームの事前キャンプ地に選定されています。
そのきっかけの一つに、ウェールズにあるカーディフ大学と本学とが、
長年にわたって交流を続けているということが挙げられています。

松尾学長は、
いよいよ来年に迫るラグビーワールドカップ2019 日本大会に向けて、
北九州市民の皆さんとともに本学もその気運を高め、
ウェールズラグビーチームを応援していきたいとお話をされました。




学長表敬に続き、学生との交流を行いました。
交流親善大使の皆さんと学生たちとで意見交換を行った後、
晴れ渡る夏空の下、大学の中庭でラグビー教室を行いました。
本学ラグビー部員の学生をはじめ、ラグビーボールを生まれて初めて触る学生や教職員も加わります。
まずはハンドリング(ボールの手さばき)をしてボールに慣れ、
次に十字形や円陣でパス練習をしたり・・・とラグビーの基本を体験しながら、
世界でもトップクラスを誇るウェールズ代表チームの技術の一端を伝授していただきました。

  

初めは緊張していた学生や教職員も、
身体を動かすうちに笑顔がこぼれ、チームワークを体感することができました。
最後に皆で記念撮影を行い、楽しいひとときを過ごしました。



北九州市立大学は、ラグビーワールドカップ2019 日本大会での、
ウェールズ代表チームの健闘と活躍を心よりお祈りし、応援しています!!

<登録日>
2018年08月13日

2018年日本大学英語模擬国連(JUEMUN 2018)に参加しました!(写真も追加しました)【広報スタッフ日記】

「日本大学英語模擬国連(JUEMUN)」は、模擬国連の国内年次大会の一つです。

学生の国際問題への理解を深め、英語による議論の力を養うために始まりました。
第9回大会は6月下旬に京都外国語大学で開催され、本学からは外国語学部の学生4名が参加しました。

この英語模擬国連では、参加学生は国連に派遣された各国の代表として、
一つの国際問題に対する施策案を持ち寄って議論を重ね、決議案を練り上げます。
議論はすべて英語です。

今年度は、日本国内および海外の22大学、252名の学生が集まりました。
国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)を模擬し、
「持続可能な開発目標」のうち特にグローバル目標2(Zero Hunger:飢餓をゼロに
・・・飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、
持続可能な農業を推進する)の達成に向けた、国際的な施策を検討しました。

本学から参加した学生は、
2名がモンゴル国、2名がブルネイ・ダルサラーム国の代表として、
外国語学部の齊藤准教授とともに2ヶ月間にわたるリサーチ期間を経て参加しました。

参加した学生たちは、国内外から集まった大学生・大学院生と、
朝から夜まで英語で討議を重ねました。
国際問題に関心を持つ同年代の学生と親交をを深めながら、
国際問題を議論する刺激的な3日間になりました。

また大会で、
ユネスコ第8代事務局長を勤められた松浦晃一郎氏
国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長のンブリ・チャールズ・ボリゴ氏
東ティモールで国連平和維持及び平和構築活動に
官房長として携わった経験をお持ちの元国連職員の黒田順子氏
世界銀行元職員の黒田和秀氏
といった国際的に活躍する要人から貴重なお話を伺うことができたことは、
かけがいのない経験になりました。

開催校の京都外国語大学からは、学生スタッフの方々が多数活躍されました。
ありがとうございました。

    

〈以下写真提供:JUEMUN〉

<登録日>
2018年07月31日

第87回・第88回北方サロンを開催しました【広報係長日記】

6月20日(水)と7月18日(水)、北方キャンパス本館7階のラウンジにて、

「北方サロン」を開催しました。

「北方サロン」とは、
研究者相互の知的交流と新たなネットワークの構築を目的とした、
学部学科、専門領域を越えた交流の場で、定期的に開催しています。
今回は第87回と第88回の北方サロンを開催しました。

第87回の6月20日は、経済学部の久多里先生他1名、
第88回の7月18日は、法学部の田村先生、外国語学部の大平先生、
合計4名の先生方に、ご自身の研究成果についてそれぞれお話しをいただきました。

○第87回(6月20日開催)
経済学部 久多里 桐子先生「我が国における株主提案の特徴」


○第88回(7月18日開催)
法学部 田村 慶子先生「混迷化する時代における学際的文理融合」
※大平先生にも共同研究者としてオープニングトークをしていただきました。


外国語学部 大平 剛先生「北九州市をフェアトレードタウンにするための方法論研究」


参加された方々からの熱心な質問や意見も飛び交い、
充実した北方サロンになりました。


ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

次回は、少し先になりますが、10月17日(水)の開催を予定しています。
詳細につきましては、また後日お知らせいたします。

<登録日>
2018年07月31日

月別アーカイブ