HOME > 大学の歴史

大学の歴史

沿革

創成期
昭和21年(1946)7月 小倉外事専門学校創立
昭和25年(1950)4月 北九州外国語大学(外国語学部)へ昇格
北九州外国語大学時代の正門
昭和28年(1953)4月 北九州大学と改称、
商学部商学科(現在の経済学部)開設
北九州大学時代の正門
昭和41年(1966)4月 文学部開設
昭和48年(1973)4月 法学部開設
発展期
昭和56年(1981)4月 大学院経営学研究科開設
昭和58年(1983)4月 大学院外国語学研究科開設
昭和59年(1984)4月 大学院法学研究科開設
平成元年(1989)4月 大学院経済学研究科開設
平成7年(1995)4月 本館開館
北方キャンパス
平成12年(2000)4月 大学院人間文化研究科開設
飛躍期
平成13年(2001)4月 北九州市立大学に改称、
国際環境工学部開設
ひびきのキャンパス
平成14年(2002)4月 大学院社会システム研究科開設
平成15年(2003)4月 大学院国際環境工学研究科開設
平成17年(2005)4月 公立大学法人に移行
平成18年(2006)4月 基盤教育センター開設、
都市政策研究所開設
平成19年(2007)4月 専門職大学院マネジメント研究科開設
平成20年(2008)4月 外国語学研究科、経済学研究科、人間文化研究科の修士課程を
社会システム研究科(博士前期課程)とし統合
平成20年(2008)6月 アジア文化社会研究センター開設
平成21年(2009)4月 地域創生学群開設
平成22年(2010)4月 地域共生教育センター(421 Lab.)設置
平成24年(2012)3月 環境技術研究所設置
平成24年(2012)4月 副専攻Global Education Program開設
平成25年(2013)4月 副専攻環境ESDプログラム開設
Kitakyushu Grobal Pioneers開設

現在の構成(学部・大学院)

現在の構成(学部・大学院)