2017年11月14日(火)
青嵐祭でコーンスープを出店しました!【ファッションネットワークプロジェクトmArs】

 11月3日(金曜日)に青嵐祭でコーンポタージュを出店させていただきました。冬のファッションショーの準備と並行しての作業でしたが、皆自分自身の役割を把握し、よく働けていたと感じました。

 特に一年生は初めての青嵐祭で分からないことも多いなか、積極的に活動してくれたので頼もしく感じました。421Lab.の方も足を運んで下さり、プロジェクト通しの交流もできました。全体を通して売り上げもよく、メンバーみんなに感謝したいです。

 今後は12月に控えたショーに向けて、小倉の関係者様や学生さん、メンバーともども頑張っていきたいと思います。

 
(文学部 3年 鳥山遥)

2017年11月10日(金)
 KITA研修員さんとバスハイク【国際交流プロジェクトFIVA】

10月29日にKITA研修員さんとバスハイクで長府と海響館に行ってきました。(研修員8名、北九大生3名)

 午前中は忌宮神社や功山寺、毛利邸など長府各所を観光しました。研修員さんはおみくじや参拝など日本文化を楽しんでいらっしゃいました。甲冑官女着付け体験では研修員さんのテンションも上がり嬉しそうに写真を撮っていらっしゃいました。

 午後からは海響館に行きました。関門海峡付近に生息している魚や様々な海の生物をみたり、イルカショーを観たりして楽しむことができました。

 今回の活動ではバスの中や長府観光の最中など研修員さんと会話をする機会が多くあり、コミュニケーションを積極的にとることができたと思います。バスの中では方言のクイズや地図を使ったクイズを行い研修員さんからも好評でした。その一方で自分たちの英語力が不足してうまく説明できなかった場面があったという反省点もありました。研修員さんたちに日本をもっと楽しんでもらえるように私たちも工夫していきたいと思います。


(法学部1年 近藤晴菜)


    

2017年11月10日(金)
KITA研修員と一緒に回転寿司と博物館へ!【国際交流プロジェクトFIVA

 私たちFIVAは2017年10月21日、KITA研修員の方たちと一緒に、回転寿司といのちのたび博物館へ行きました。(北九大生5名、研修員10名)
 
  まずは昼食に回転寿司。研修員の方は回転寿司初体験の人が多く、とても楽しみにしてくれていました。お茶の作り方やお寿司の食べ方などを説明しながら一緒に食べました。研修員の方の中には箸を使ってお寿司を崩さずに食べることに苦戦している方もいましたが、それもまた盛り上がりました。 

 昼食の後はいのちのたび博物館に移動しました。博物館には化石などの自然史から日本の昔の文化を学べるものまであり、研修員の方も展示にとても興味を示し、「たくさんのことが学べてとてもおもしろい!」と言ってくれました。  
 
今回の企画では、私たち学生は積極的に話すことができ、研修員の方にはとても喜んでもらえたのでよかったです。次回からは事前に参加する研修員の方の国について調べるなどして、より会話を盛り上げられるようにしたいと思います。  

(文学部 2年 三浦里菜) 


       

2017年10月26日(木)
 広島と長崎をつなぐ自転車リレー【平和の駅運動プロジェクト】

 後期が始まって少し経ちますが、夏休み期間中に行われた活動について紹介したいと思います。

 小倉は二度、原爆から逃れたという歴史がある中で、その事実を知らない世代は増えています。私たちは小倉にいる学生だからできることをモットーに平和活動をしています。

 広島に原爆が投下された8月6日から終戦記念日である8月15日までをピースウィークと呼んで活動を行っています。私たちは八女市星野村で採火した広島原爆の残り火を燃やし続けながら小倉から長崎平和祈念公園まで自転車でリレーを行い、各地で平和について学びながら運びました。

 私は今年で2年目の活動になります。この活動は、社会人サポーターの方をはじめとして、他大学や行政の方などいろいろな方との繋がりの中でできている活動です。また、「太鼓をたたく人だよね?」と8年目を迎えるこの活動も少しずつ認知をされ始めてきました。これからももっとたくさんの方々に私たちの活動を知っていただけるように頑張っていこうと思います。


(地域創生学群2年 吉村友里)





2017年10月25日(水)
鳴き声当てゲームで白熱!9、10月バースデー【ハッピーバースデープロジェクト】
 10月18日に東朽網小学校の児童クラブにて、9、10月に誕生日を迎えた小学生をお祝いするため誕生日会を行いました。

 ひとりひとり誕生日を迎えた小学生に、今年一年で頑張りたいことをインタビューして聞き、プレゼントを渡しました。雨が降る中での誕生日会だったため、毎回あるお楽しみゲームは室内で行いました。今回私たちが考えたゲームは動物の鳴き声当てゲームです。司会者が持つスマホから流れてくる鳴き声を聞き、なんの動物が鳴いているのかを当てるという内容です。小学生はそれぞれの班ごとで協力して考え、参加してくれました。

 今回の誕生日会本番は、就活を終えてプロジェクトの活動に戻ってきてくださった四年生と一年生での活動でした。先輩と活動できる間にたくさんのことを学ばなければいけないと感じました。

(文学部 一年 長谷川敦子)

2017年9月12日(火)
ひびきの親子安全マップ【防犯防災プロジェクト(MATE`s)】

 8月27日に北九州市立大学ひびきのキャンパスにて「あそびとまなび研究所」主催の親子安全マップに参加させていただきました。
 
 私たちが普段行っている小学4年生対象の安全マップとは異なり、下は1歳から上は小学4年生まで幅広い年層の子供たちとその親御さんに参加していただく安全マップでした。安全マップの対象はひびきの小学校の校区でした。小さな子供たちがたくさんいたので、通常のルートに加え、ベビーカーコースと名付けショートコースのルートを作成しました。今回は子供たちと親御さんが一緒になって景色読解力を身につけていこうという安全マップでした。

 街歩きをしていると、大人目線では安全な場所であっても小さな子供たちからすれば危険な場所であるという箇所が見受けられました。自分たちの目線のみにとらわれず、子供たちの目線に立って街を見る大切さを感じました。

( 法学部法律学科  大戸井啓人  )

2017年9月7日(木)
子ども食堂応援PJです!【子ども食堂応援プロジェクト】

 こんにちは。子ども食堂応援PJです。

 子ども食堂とは、主に子どもの「孤食」の問題を解決し、地域の繋がりを広げ、安心できる居場所づくりすることを目的に取り組まれている活動です。

 この活動は北九州市役所さんとグリーンコープさん、フードバンク北九州さんを中心に行われており、昨年の秋から北九大の学生も参加することになりました。現在、1年生から4年生まで23名で活動しています。実際の活動では夕飯を一緒に食べるだけではなく、安全面を考慮しながら子ども達と卓球やトランプをして遊んだり、宿題やテスト勉強を手伝ったりしています。また今月から保護者に向けた活動報告としての新聞を毎月発行し、子ども食堂の活動資金を集めるための取り組みも行っていく予定です。

 これから子ども食堂応援PJの活動を更新していこうと思っていますのでよろしくお願いします!

(経済学部3年 宮原由佳)



2017年8月10日(木)
 KITAの研修員と戸畑祇園大山傘に参加【国際交流プロジェクト】

 私たちFIVAは、2017年7月22日、発展途上の国々から来日しているKITA(北九州国際技術協力協会)の研修員の方たちと、浴衣を着て戸畑祇園大山笠に参加しました。(北九大生11名、KITA研修員6名)

 初めにJICA九州の施設内で、一人ひとりの自己紹介と戸畑祇園についての説明をしました。自己紹介では、事前に考えていた質問をいくつか用意していたので、とても盛り上がりました。そしてその後、浴衣の着付けの先生に着付けをしてもらい、戸畑祇園に向かいました。研修員の方たちの浴衣姿がとても綺麗で、皆さん嬉しそうでした。

 この企画で浴衣を着て祭りに参加したことで、日本の文化を体験してもらうことが出来ました。研修員の方たちとの会話の中で、お互いの国の言葉を教え合ったりと、異文化交流ができ、研修員の方たちも私たちもとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。KITAの研修員の方たちは多忙のため、せっかく北九州に来ても、北九州のことをあまり知ることなく帰国してしまうそうなので、戸畑祇園についての説明をしたことで、北九州のことを知ってもらえたと思います。しかし私自身が北九州について知っていなく、質問された時、答えられないことが多かったため、もっと北九州のことを知ろうと思いました。

(文学部 1年 松田ゆりな)



2017年8月10日(木)
笑顔も天気も晴れやか!7月誕生日会【ハッピーバスデープロジェクト】
 7月19日水曜日、私たちは東朽綱小学校の児童クラブで、7月の小学校の誕生日会をお祝いするために、誕生会を開きました。

 今回の誕生会も前回と同様、大学生が7人と少ない人数での実施だったので子どもたちを静かにさせることがなかなかできないなど大変なこともありました。雨のバースデーが続いていましたが、今回は晴れだったので外で楽しそうに思いっきりゲームをする子どもたちを見ることができました。

 今回の誕生会は、夏休み前ということもあり、子どもたちのテンションが上がっていたのか、全体的に騒がしいなかで行われました。上手く静かにさせる方法、注意する方法がまだよく分からないので、これから学んでいきたいです。


(法学部 1年 帆足 唯奈)


2017年8月10日(木)
サッカー観戦で大盛り上がり!【国際交流プロジェクト】

 6月17日(土)にFIVAメンバー、KITA研修員の方々とギラヴァンツ北九州の応援に行って来ました!

 最初はちょっとした自己紹介。研修員の皆さんは私たちが何を専攻しているのか気になったみたいで英語で聞いてきてくれました!そのあとはJリーグの説明とギラヴァンツ北九州の説明を、FIVAメンバーが画用紙に英語と絵を交えて分かりやすく解説。サッカーに詳しくない私も学ぶことが出来ました。そして、試合が始まるまでアイスブレイクで名前増やしゲームを行い、皆の名前もばっちり覚えた後、キックオフ!試合が始まる前からギラヴァンツサポーターの方々の応援に熱が入っていて、研修員の方々も携帯で写真を沢山撮影していました。長野パルセイロvs.ギラヴァンツ北九州の試合は、ギラヴァンツが先制し私たちもタオルを振り回したりして大盛り上がり。観戦中は家族の話や仕事についてや、日本での過ごし方などを話して親交を深めました。そして、スペイン語のサッカー用語を教えてもらい、早速、「バモス!バモス!(意味:頑張れ)」とギラヴァンツを応援しました。そして試合が終わった後は、みんなで記念撮影をして活動終了となりました。

 ブラジル、ペルー、メキシコなど様々な研修員の方がいらっしゃって、あまり接することのない南米の方々との交流は楽しく、情熱的な交流となりました。


(文学部 1年 市島采華)

   

2017年8月7日(月)
わっしょい百万夏祭り出店【東日本『絆』プロジェクト】

 8月5日(土)に行われたわっしょい百万夏祭りに絆焼うどんを出店しました。そのほかにも、釜石市のイカを頭から足までまるごと使用したイカ焼きや岩手県陸前高田市から取り寄せたマスカットサイダーを販売しました。

 今回のわっしょい百万夏祭りは、台風の影響により8月6日(日)の開催は中止となってしまいました。そこで、5日は例年の営業時間よりも長く販売しました。昼間の暑い日差しの中、終日の強風の中での販売活動でしたが、お越しくださった方に絆焼うどんの広報も行うことができました。お越しくださったお客様、出店にご協力してくださった関係者の皆様、ありがとうございました。

 6日に販売予定だった焼うどんは8月10日(木)に絆焼うどんプロジェクトとして東峰村へ炊き出しに使用することが決定しました。また、東日本『絆』プロジェクトとして次回、9月24日(日)の空港祭りに出店することが決定しました。ぜひお越しください。

(経済学部 1年 川越李紗)

  

2017年8月5日(土)
7月のTFTフェアが行われました!【TFT×Kitagata 食べる国際貢献プロジェクト】

 7月24日(月)から7月29日(土)までの1週間、生協食堂にて7月のTFTフェアを
行いました。今月は、しらす明太丼、なめこおろしチキン、ラーメンサラダの三種の
オリジナルメニューを提供させていただきました。

しらす明太丼480食、なめこおろしチキン72食、ラーメンサラダ164食の売り上げとなりました。1食につき、途上国の子どもたちの学校給食1食が贈られるため、今月は合計716食分が寄付されることになります。

TFTメニューを食べてくださった皆さん、ご協力ありがとうございました!
今回は暑くなってきたので、さっぱりとしたヘルシーメニューを提案させていただきました。前回のフェアよりも提供数が少ない結果となってしまいましたが、今回の反省をこれからのメニュー開発に生かしていきたいと思います。
10月のTFTフェアも北方オリジナルメニューの販売を予定しておりますので、ご期待ください!



(法学部 2年 藤原名波)


2017年7月25日(火)
第二回調理実習

 7月8日土曜日、北方市民センターにて今年度第2回の調理実習を行いました。今回参加したのは4人で、夏らしくトマトそうめんと夏野菜を使った天ぷら、野菜の余った部分でお吸い物を作りました。今回は少人数だったため動きやすく、スムーズに進みました。そのため、「グループにわけてそれぞれで調理実習を行い、それを活動報告という形でほかのグループに共有する」という案もでました。

また、時間にも余裕があったため、メンバー間の話も盛り上がり、仲を深められたのでは、と思います。夏休み中はPJとしての活動はあまりありませんが、自炊を続けて、個人のスキルを上げたいと思います。



地域創生学群2年 河野裕平




2017年7月19日(水)
 平和学習in 東谷中学校【 「平和の駅運動」プロジェクト】

 平和の駅運動プロジェクトは、北九州市内の小中学校に赴き、生徒さんと一緒に身近な事柄を例にコミュニケーションを用いたワークを通して平和について考えていく活動を行っています。

 6月30日(金)には、北九州市立東谷中学校の1年生と平和学習を行いました。内容は、「認め合い~自分らしさ・その人らしさを見つけよう~」というテーマで、二人一組になり自分の短所を相手に長所に変えてもらい、自分を理解すると共に相手を理解することで豊かな人間関係を構築するという内容のワークを行いました。

 学習の感想では、「とても良い経験となった。これからも活かしていきたい。」「自分の嫌なところを良いところに変えてもらって良かった。」と言った声を聞くことができ、生徒さんの笑顔も見ることができて私自身とても良い経験となりました。

(地域創生学群 3年 山本みさと)


2017年7月14日(金)
cafe.ma(フリーマーケット)が開催されました!【mArs】

 今回のcafe.mAの全体的な感想としては、mArsメンバー一人一人が主体的に活動し、前回のイベントの反省点であった「ある一定の人に仕事の負担が集中する」という事もなく和気あいあいと活動できた点では催して良かったと感じました。

 反省点を挙げるとすれば集客不足で、目標50名来店に達することができませんでした。原因はフライヤーを入稿する時期が遅れ、それによって全体的な告知が遅れたためではないかと考えています。この反省点はメンバーと共有しており、次回のイベントに向けてメンバーも意識して行動できるのではないかと思います。
 来店されたお客様には満足していただけたようで、運営側の私たちも楽しく活動することができました。イベント会場となった秘密基地のオーナーさんとも最後にお話をして、私たちの「ファッションを通じて北九州を盛り上げよう」という考えに賛同していただき、「またイベントをするときは告知をしに来てください。」とのお言葉をいただきました。

 このイベントを通して北九州の地域の方との環が広がるのを感じることができたと思います。


(文学部 3年 鳥山遥)

2017年7月10日(月)
瞬花祭出店【東日本『絆』プロジェクト】

 7月2日(土)に瞬花祭が行われ、私たち東日本「絆」プロジェクトも出店活動に参加しました。この日は「ぷるぷるマスカットサイダー」という陸前高田のぶどう園から取り寄せたサイダーにカラフルなゼリーを入れた、暑い夏にぴったりのドリンクを販売しました。夕方に雨が降り、途中で中止という形になってしまったのは残念でしたが、昼過ぎまでは晴天に見舞われ、多くの人が喜んでサイダーを買って下さいました。また、くじを引いて当たった方にはタオルや石鹸など東北の雑貨をプレゼントしました。とても好評で嬉しかったです。

 今回の出店では反省点が多くあがり、それをメンバー全員で共有することが出来ました。この反省を次回は活かせるようにしていきたいと思います。
 次回の出店は8月5日、6日にわっしょい百万夏祭りで行います。サイダーと焼うどんを販売する予定ですので、是非私たちのブースに足を運んでいただけたらと思います。

(文学部  2年 洲 真衣子)

  

2017年7月10日(月)
新しいことに挑戦した誕生日会 【ハッピーバースデープロジェクト】

 6月21日水曜日、私たちは東朽網小学校の児童クラブで、6月の小学生の誕生日をお祝いするために、誕生日会を開きました。   

今回の誕生日会は、机の配置を変えたり、子どもたちの中でリーダーやプレゼント係を決めるなど、新しい企画にも挑戦してみたりしたので、始める前はとても不安でした。しかし、子どもたちは、終始盛り上げてくれたり、積極的に私たちの提案したゲームに参加してくれたりと、全体的に盛り上がったのでとても良かったです。   

今回の誕生日会では、プロジェクトメンバーの参加人数が少なかったからか、スムーズな進行が難しい場面や、新たな課題も見つかったので、これから改善できるよう考えていきたいと思います。  

(法学部 1年 楫山 唯)    



2017年7月6日(木
6月のTFTフェアが行われました!【食べる国際貢献プロジェクト(TFT×Kitagata)

 6/26(月)~6/30(金)の1週間に6月のTFTフェアを行いました。今月はトマト風味のチーズカツ丼、トンテキ、豆乳味噌ラーメンの3種類のオリジナルメニューを提供させていただきました。

 1週間で、トマト風味のチーズカツ丼685食、トンテキ203食、豆乳味噌ラーメン287食の売り上げでした!先進国で1食とるごとに開発途上国に1食が贈られるという仕組みですので、合計1175食が途上国の子供たちの学校給食になる予定です!

 TFTメニューを食べて下さった皆さんご協力ありがとうございました。今後は、栄養面についての知識を身につけ、オリジナルメニューの考案・提供に力を入れたいと思います。今回は特にチーズカツ丼が大好評をいただき、活動の甲斐を感じました。7月のフェアもご期待ください!

(法学部 2年 川上香緒里)

2017年7月5日(水)
安全マップ作りの基本を知る【防犯・防災プロジェクト(MATE's)】

 私たち防犯・防災プロジェクト(MATE's)は528日に九州国際大学で行われた防犯アカデミーに参加しました。
 午前中は、連絡会議があり、他大学の学生や警察署や市役所の方々と、それぞれの団体の活動や自分たちの防犯活動を広めるにはどうすればよいかなどについて意見交換をしました。私の班では、SNSを利用したり、最新の機器を使って多くの人に防犯イベントに来てもらうなど、様々な意見が出ました。
 午後は、実際に街歩きをして安全マップを製作しました。マップが完成した後に、北陸大学の山本先生からご講評をいただきました。マップを作る際に気を付けることやより分かりやすく良いマップを作るにはどうすればよいかを教えていただきました。
 今回の防犯アカデミーでは、他大学や行政の方々と活動を共有でき、安全マップの作り方をより細かく学ぶこともできとても勉強になりました。MATE'sの新入生もこれから活動する上で重要な安全マップのノウハウを学ぶことができ有意義な時間だったのではないかと思います。

(外国語学部 3年 吉野 遥)


2017年6月28日(水)
第2回モノレール清掃大作戦!【地域クリーンアッププロジェクト】

 6月17日(土)、私たち地域クリーンアッププロジェクトは北九州高速鉄道さんにご協力いただきモノレール沿いを清掃する活動を行いました。この活動はグリーンバード北九州チームの合同イベントで、北九州市民なら誰もが一度は使ったことのあるモノレールの駅周辺を、みんなでゴミを拾い綺麗にしようというものです。

 第2回となった今回の活動は、今年度初の合同イベントで前回の倍近い参加人数となりました。3チームに分かれてモノレールすべての駅の清掃を行い、約130kgのゴミを回収することができ、達成感を感じるとともに、普段なかなか関わることのできない他のチームの方々と交流することができました。

 今回の活動を通して、北九州の重要な交通機関の下に少し目を向けてみると、想像以上のゴミが捨てられており、ゴミ問題の深刻さを改めて実感することができました。無責任なポイ捨てや不法投棄によって街の景観が損なわれてしまうのはとても残念なことです。これからも定例活動はもちろん、日々の生活のなかでもしっかりと考え行動していきたいと思います。

(地域創生学群 1年 水蘆乃映)



2017年6月27日(火)
新体制になって初の調理実習!【食と農業まなび場プロジェクト】

 6月17日、土曜日に、守恒市民センターにて、食と農業まなび場プロジェクトの調理実習を行いました。オムライス、チョップドサラダ、ミネストローネの3品を3つの班に分かれて作りました。今年度から参加したメンバーは今回が初の調理実習。1年目のメンバー間のコミュニケーションを図るために、班構成は、2年生メンバー2人の班、そして1年目の班を3~4人ずつで2班作りました。

 作る行程では、やはり1年目のメンバーは普段から料理をやっている人もいればまったくやらない、という人もおり、そこに若干の手際の良しあしなどもみられました。結果的には2年生班が一番にできあがりましたが、1年生もそこまで差はなかったので、今後に期待です。

 作った後はもちろん、みんなで「いただきます!」。やはり食べながらだと会話も弾み、メンバー間のコミュニケーションをとることもできました。また、今回自分たちで作ったもの以外に、冷凍のチキンライスも買って食べ比べてみました。みんな冷凍のチキンライスの味の濃さに驚きました。普段それだけを食べていたら気づきませんが、食べ比べてみるといかに味が濃いか、というのがわかりました。

 来月も調理実習を行う予定です。自分たちの調理スキルを上げるためにも、頑張りたいと思います。

(地域創生学群2年 河野裕平)

     

2017年6月21日(水)
YMCAの留学生と日本文化体験【国際交流プロジェクト】

 私たちFIVAは、2017年6月17日、日本語学校YMCAに通う留学生の方たちと門司へ行き、日本文化を体験してもらいました。(北九大生17名、留学生18名)

 午前中は、100年以上続く老舗の高石餅屋さんにお邪魔させて頂き、餅ができる過程を見学させていただいたり、出来立ての餅をまるめたりしました。
留学生たちは、餅ができる様子に興味津々でした。また同時進行で、市民センターで、折り紙・書道体験を行いました。

自分たちで作った餅をお昼ご飯としていただいた後は、市民センターで自己紹介ゲーム・かるた大会・紙飛行機大会を行いました。なかでも、かるた大会は大いに盛り上がり、白熱した試合となりました。

今回のイベントでは、留学生に日本の文化をたくさん体験して、知ってもらえたのではないかと思います。また、私たち日本人も日本の文化の魅力を再発見できるいい機会になりました。異文化交流の楽しさを改めて実感し、次回の活動もとても楽しみです。

(文学部 2年 樋口晴菜)
  
            

2017年6月20日(火)
馬島清掃 【地域クリーンアッププロジェクト】

 6月4日日曜日、私たち地域クリーンアッププロジェクトは小倉北区の玄界灘にある馬島に行き清掃活動を行いました。今年度初となるこの活動は、馬島に流れ着くゴミを拾い、ごみ問題について考えると同時に、馬島の魅力を発信していこうというものです。

 午前は海岸でごみを拾い、午後は島内を散策しました。天気に恵まれ、予定通りに清掃活動を行い、PJメンバーとの交流を深めることができました。300kgを超える漂着ゴミを回収し、とても達成感を感じられる活動となりました。

 今回の活動を通して、想像以上の漂着ゴミの多さに驚き、ゴミ問題の深刻さを実感しました。無責任なポイ捨てが原因で、馬島の魅力が損なわれてしまうことはとても残念なことです。だから、これからも定例活動はもちろん、馬島のゴミが少しでも減るように、この活動を継続していきたいと思います。


(経済学部1年 立花明日香)



2017年5月31日(水)
2016年度後期活動報告 【地域クリーンアッププロジェクト】



 


後期の合計 総参加数387人、初参加者数24人 ごみの量279.53kg

 地域クリーンアッププロジェクトの2016年度後期活動9月〜3月は前期のデータと比較し、総参加数 約30名、ごみの量 約160kg 増加しましたが初参加数は約30名減少しました。一部加算されていないデータがあるので正確な数とは言えませんが、大きく記録更新となりました。

 昨年度の後期から、現2年生メンバーを中心として活動が大きく動き始めました。まずは11月に青嵐祭で馬島をPRするために、にゅうめんの販売をしました。実際に馬島でとれた食材は季節や制限などがあって難しい部分があったり慣れないことが多く慌ただしいところもありました。しかし、販売目標を達成し完売することができ、お店に来てくれた方に大学周辺のGreenBirdに参加していただき、多くの方に自分たちの活動を知ってもらえる良い機会になりました。

 今期は新メンバーが多いので、それぞれに役割をしっかりと持ってもらい今まで以上にまとまったプロジェクトにすること、様々なイベントを企画、協力し活動を知ってもらい参加者数を伸ばすこと。また継続目標として馬島へ定期的に清掃活動及び魅力発信、北方地区の協賛活動を実現させることを目標として頑張っていきます。


(法学部2年 桑村明香里)

2017年5月25日(木)
YMCAの学生とひまわり駅伝大会に参加しました 【国際交流プロジェクト】

 私たちFIVAは、2017年5月14日、日本の日本語学校に留学に来ているYMCAの方たちと共に、北九州市庁舎で行われた北九州市民ひまわり駅伝大会に参加しました。

 FIVAのメンバーと留学生で楽しく会話をしたり、一緒に走ってたすきを繋いだりと、貴重な時間を過ごすことができました。留学生の方が、勉強した日本語でなんとか言葉を伝えようとしている光景をたくさん見かけ、留学生の方の勉強への熱心さを感じました。新メンバーにとって、FIVAとしての初めての活動だったため、不安もありましたが、異文化交流の楽しさを実感し、これからのFIVAでの活動がより楽しみになりました。

 ただ、北九州について留学生の方に質問された時、知識不足で答えられないことが多々あったため、北九州のことをもっと知っていこうと思います。

(外国語学部  1年  多田羅茜)

   
   

2017年5月17日(水)
韓国統営市「環境スタディーツアー」 【地域クリーンアッププロジェクト】

 地域クリーンアッププロジェクトでは小倉港から船で20分程行ったところにある、“馬島”という離島でのフィールドワークを中心に漂着ゴミ問題にも取り組んでいます。

 今回は漂着ゴミ問題についてより広い視点で考えていくために韓国の統営市にて漂着ゴミの実態調査と環境活動に関する共同シンポジウムに参加してきました。キョンサン大学での取り組みや現地の大学生と意見交流を通じてお互いの国でどう活かすべきなのか、若い世代で何が出来るのかなど自分たちの考えを深めることが出来ました。また、滞在先であるセジャトラセンターは環境問題に対して様々な視点から取り組んでおり、初めて見る設備に終始驚きっぱなしでした。

 今回のスタディーツアーでの経験を馬島での活動にどう活かしていくのかしっかりと考えていきたいと思います。

(地域創生学群3年 波多野冴紀)


2017年4月21日(金)
 若園校区地域安全マップ作り 【防犯・防災プロジェクト(MATE’s)】

 3月30日(木)に若園市民センターで若園校区地域安全マップ作りを行いました。
 上級生が抜けて、新体制になって初めてのマップ作りだったため、準備や事前の打ち合わせなど、試行錯誤しながら進めることが多くありました。

 当日は、スケジュールの変更もありましたが、短い時間の中でも小学生は地域の中で危険な場所と安全な場所を自分で理由づけて判断できるようになりました。また、まち歩きでも、たくさんチェックポイントを発見し、マップにまとめることができました。マップの飾りつけでは、折り紙が得意な小学生が多く、大学生に作り方を教えている場面も見られました。
 少人数での実施だったこともあり、小学生一人一人に目が行き届き、密な時間を過ごすことができたと思います。

 今回の安全マップ作りの振り返りをしっかり行い、今後の安全マップ作りに活かしていきたいと思います。

(法学部法律学科3年 森茂梨萌)